ポップス講習会第1日目。。。

イメージ 1
 待ちに待った植田先生によるポップス講習会!!
 のはずだったのですが、異常な降雪による道路、電車の大混乱ぶり。

 前日に飲み会を終えて羽生までお送りした時にも、「これはまずい感じ」と思っていましたが、朝になってみるとそれ以上でした。8日のまずさ以上に厳しい積雪でした。ちなみにどくらいかな~と車でセブンイレブンに行こうと思いましたが、正門から出て少ししたら車が進まなく成ってしまいました。危うく立ち往生するところでした・・・。

 ということで当然参加予定の学校は不動岡まではたどり着けず、不動岡の生徒で来られた人だけでやりましょう!と午後から講習会をやることに決定。前日から泊まりがけでパンフレットを作成していた5名に加えて、20名近くが続々と会場に来てくれました。その中には三郷北高校の生徒も2名!!本当に素晴らしいですね~。

 そして講習会開始。
 人数が少ないので、私もテューバを吹いて参加しました。久しぶりに楽器を吹いたので、なかなか音が出なくて苦労しました。。。

 さて講習が進む内に、とにかく不動岡高校吹奏楽部が抱える最大の問題がはっきりと出てしまいました。それは「積極性」が足りない事。恥ずかしい、ミスしたくない、等の思いから、最初から思い切り出来ない。とにかく慣れた、安心できる状況になるまで、常に探りながらの状態になってしまうのです。

 やっぱりチャレンジする時には、あんまり先の事を考えては出来ませんよね。怖くなってしまいます。下を見たらスタート出来ない急斜面のスキーや、バンジージャンプみたいなものでしょう。

 そしてとにかく声が出ない。出ないね~。
 やっぱりこの課題を解決しないことには、先には進めないなと実感しました。まじめに、コツコツとやることはとっても大切。でもそこに「思い切った行動」が伴わないと結果は出ません。これは勉強も同じ。

 みんなの気持ちってよく分かります。
 大人になると多かれ少なかれそうなっていきます。そうやって固くなっていってしまいます。でも植田先生を見ていると、見た目は結構・・・ですが、体全体から発散されるエネルギーは間違い無く高校生に負けていません。

 私自身もシャイで、失敗したくなくて、臆病な状態になります。特にこういうポップスの演出。でもだからこそ一緒になって、恥ずかしさを乗り越えて、思い切り声を出すと、それまで感じる事の出来ない爽快感が味わえます。

 自分の「安心領域」で行動していては、スリルも感動もありません。そしてスリル、緊張、感動、拍手、賞賛、スマイル、興奮、シャウトの無い人生なんて。あまりにも寂しい。そう、皆さんは音楽を通じて、人生の秘訣をたくさん学んでいるのです。

 一緒にやって分かったとおり、私はリズム感が無い!歌っていると手が動かない。。。いや~でもさ、まずやらないと。やっていく内に何とかなっていくもの何です。大切なのは最初の「うまくいかない時期」をどれだけ前向きに過ごせるか。これが出来ないと、やっぱりチャレンジは出来ないな。

 今日は植田先生にポップスの演出を教わりましたが、いやいや一番教わったのは物事に対する心構えです。そしてこれはすべての事に通じる内容です。途中少し(相当遠慮して)お説教になりましたね。何とありがたいことでしょうか。私達のことを思って、本音を少しぶつけてくださったのですから。そしてその言葉の重みを全員がちゃんと受け止められたでしょうか。それが分かるのは明日の講習会での、皆さんのはじけ具合ですね。

 本当に毎週毎週濃いですね~。
 さすがに楽曲研修会以上に濃い日は、とりあえずこのセクションでは来ないかな~と思っていたら。ところがどっこい。さすがは天下の植田先生。失礼いたしました。

 お陰様で破るべき殻が見えてきました。
 そしてそれを不動岡高校吹奏楽部のみんな(いや、、、半分だった。。。)も強く意識したことでしょう。明日の講習会も雪の影響やら、中学生の参加やら、色々と柔軟に対応しなければならないことも多いはず。そんなときこそ、思い切りのスマイルと思い切りのはじけ具合で不動岡ホールを最高の熱い空間にしましょう!!

 明日はもっともっと盛り上がる!!
 絶対に出来る!必ず出来る!!これ頂きましょう。

 それではまた明日!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました