何とか順調です。

 土曜日、日曜日と現代社会のテストをせっせと採点して、何とか終了。いやー平均点も60点近いし良かった良かった。でも一番心配なのは世界史・・・。前回中間テストの平均点は口が裂けても言えません。ということで今回のテストは「何としても点数をとってもらう」ための工夫が一杯。本当に一杯。作る方も一杯一杯です。本当に勉強して下さい。。。
 ということで今朝は朝早くから採点をして、それから世界史のテストを印刷しに学校へ。すると昇降口に生徒がちらほら。学校に勉強しに来たそうな。でも入れなくてたむろしていました。誰か先生が来ると思っていたのでしょうが、その誰かが私だったとは・・・。勉強は家でもしてくださいね。家で出来ないんじゃ平日の家庭学習はどうするんですか!ということでテストの印刷も無事終了!帰りに久しぶりに映画をレンタルしました。「男たちの大和」。いやー思ったよりも良いですね。ここのところ現代社会で日本の安全保障、平和憲法をやっていて思ったのですが、日本の戦争をもっと知るべきだという事。やはり安易に「戦う」という言葉を使うのは慎むべきです。「戦う」理由を「仕方ない」で片付ければ、必ず同じ悲劇を繰り返すと思います。どうすれば良いのか、どうすべきなのか、答えを見つける努力をしなければなりません。自分自身が「歴史」と向き合う仕事なだけに、「同じ事を繰り返す愚かさ」を思い知る事が多いです。
 これからの日本はどうすべきなのか。選挙も近い事だし、色々と考えます。高校生の皆さんも成人が18歳となれば、あっと言う間に選挙権を得るわけです。憲法改正と向き合うかもしれません。今から本当に真剣に考えてくださいね。
 不沈艦「大和」は不沈艦ではなかったのです。忘れてはなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました