土曜授業から。

 本日は土曜授業。
 不動岡高等学校では初めて(多分)塾対象の学校説明会を開催してました。ここで講師としてお呼びした方が、来年度の不動岡高校入試を読むという、テーマで講演をしていました。興味があったので聴かせて頂きましたが、外から見える目というのはどのようなものか知る良い機会になりました。
 
 やはり外部の人はデータだけで判断するということがよく分かりました。どこの学校にどれだけ進学したか。それが全てではないと分かっていても、そこしか判断する材料が無いのでしょうね。これは模試の結果を見て一喜一憂するのに似ている気がしました。何点取ったかではなく、たまたま取れた点、惜しかった点(具体的に何が足らなかったのか)、しっかり理解して取れた点、と分析していくことが次のステップにつながります。最後の結果は「なるようになる」くらいの気持ちで、今日出る小さな結果にはこだわっていく事が大切です。今日の小さな結果は大いに改善する事が出来ますが、遠い先にある大きな結果は出てみないと分からないものです。
 
 そしてこれは部活動でも同じ。
 毎日の練習にどれだけ真剣に、妥協せずに取り組めたかが演奏に出ます。不動岡高校にはスターと呼べる程の実力を持ったメンバーが揃っている訳ではありません。入部してから毎日毎日コツコツ練習を積み重ねてここまで来たのです。その延長線上に大きな結果が待っています。それを信じて、今日の練習を真剣に頑張りましょう。
 
 今日の合奏でキンガロイ高校をお迎えする演奏に際して、一人一人のこだわりが足らなかったです。この「こだわり」が私達の基準を作っていきます。妥協してはいけません。また次へのステップが見えてきました。ここからです。
 
 明日はレッスン!
 頑張りましょう!!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました