HIBIKIの練習。

 先月より発足したおおみや市民吹奏楽団HIBIKI。
 とにかく初心者が多くて、なかなか手応えのある練習です。基本のきから少しづつやっています。生徒に教える要領とほとんど一緒ですが、大人ですので変化がより劇的で手応えの大きい時間です。その分たくさんエネルギーを使いますが。

 様々な人生のスタイルに合わせて、音楽と過ごす環境を提供する事を目的として、おおみや市民吹奏楽団は3つの種類のバンドを持っています。これは他の団体には中々見られない試みだと思います。中でもファミリーウィンズ和は団員数60名を越える団体にまで成長しました。市吹と合わせて100名を越える大所帯です。

 春のジョイントコンサートでは、おおみや市吹、おおみや市吹和、そして久喜高校、大宮光陵高校の共演となります。しかも今年は合同演奏もやります。「第6の幸運をもたらす宿」秋山先生指揮、「ポーギーとベス」松元先生指揮、というプログラムです。今からとっても楽しみです!

 さてさて。
 追い込みの定期演奏会。色々と形が見えてきましたが、焦りも増してきたようです。毎年の事ですが、この直前のてんやわんやな状態が良いですね~。そんな中でとにかく自分の出来る最高のパフォーマンスを出し続ける事。出来る事を着実にやって行きましょう!

 まだまだ勝負はこれから!
 頑張りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました