講習会終了。

 今年吹奏楽連盟東部支部は秋の講習会を例年の音大生によるレッスンから、高校生が教える合同練習会にスタイルを大きく変えてみました。このことにより3会場にて、日程を分散、場所も分散しました。結果として講習会に参加した生徒は例年の3倍ほどになり、大成功と言っていいのではないかと思っています。

 もちろん課題もたくさんでしたが、今回のチャレンジを必ず次年度につなげて行きたいと思います。

 さて今日は花咲徳栄高校に会場をお願いして、一切を取り仕切って頂きました。さすがと言うばかりで、何の滞りも無くスムーズに進みました。私は途中で指揮のレッスンがあり、学校を抜けて来たり戻ったりの繰り返しでした。

 そうそう指揮のレッスンはメンデルスゾーンの「舟歌」が随分しっくりくるようになりました。三拍子で戸惑うことが少なくなった気がします。また前回から取り組んでいるバッハ。この音楽の父と向かい合う事は本当に勉強になります。素晴らしい。なぜあそこまで複雑に入り組んでいるのに、混乱しないで音楽を作り上げることができるのでしょうか。

 やはり作曲家の皆さんはすごい能力をお持ちなのですね。本当に心から尊敬します。この天才たちの作品と向かい合うことのできる喜び。そして丁寧に教えてくださる吉澤先生、それから今回はピアニストの秋山先生、いつもお世話になっている佐藤先生に心より感謝致します。もっともっと勉強します~。

 さて。
 花咲では基礎合奏を200人で実施。いつもの通りにやってくださいました。ま~素晴らしいホール。この設備はもうすごすぎます。はい。公立どうやって立ち向かうべきか・・・。色々と考えます。

 夜は市民吹奏楽団の練習。今度はハワイ演奏旅行へ向けた練習で、秋山先生の代振りをさせて頂きました。昨日取り上げた作品では特に「シェナンドゥーア」、「抒情的祭り」がとっても良い曲で楽しく合奏させて頂きました。こういう名作を指揮している時間は、まさに至福の時です。最高です。体中に音楽があふれてきます。

 もっともっと良い演奏になるように、これから練習を積み重ねていきます。ああもうすぐハワイ演奏旅行か~。早いな~。

 ということで今週もばっちり内容の充実した土・日になりました!!
 また月曜日から頑張りましょう~~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました