コースト・ガードバンド。

 この日は五反田ゆうぽーとまで、アメリカのコースト・ガード・バンドのコンサートを見に行ってきました。アメリカでは4軍(空軍、陸軍、海軍、海兵隊)のバンドが非常に有名です。中でも海兵隊(マリーン)や空軍(グレン・ミラーが所属し、ビッグ・バンドの編成でJAZZを演奏した。現在も素晴らしいハイレベルなBigBand Jazzの演奏を行っている。)はアメリカでトップレベルの楽団です。

 今回日本に初めてのツアーとして来日し、そのハイレベルな演奏で観客の度肝を抜く演奏をしてくれたのがコースト・ガード・バンド(沿岸警備隊)です。今回のツアーは海上保安庁発足60周年、海上保安庁音楽隊発足20周年の記念行事の一環として実現しました。

 抽選でいただけたチケットは何と最前列!指揮者の後姿を見ながら、目前にいる演奏者の動きに釘付けになりました。取り上げた作品も私好みで本当に楽しかったです。

 特に「ハリソンの夢」は本当に秀逸な演奏でした。あれだけのレベルのバンドでも結構危険な時が見られました。やっぱり難しい曲です・・・。おおみや市吹でもやったのですが、よくやったな~って今更。。。

 素晴らしい演奏はこれから頑張っていこう!!という気持ちを盛り上げてくれました!!やっぱりコンサートはいいですね!!良い音楽は最高のプレゼントです。私たちも聞いている皆さんに最高のプレゼントを贈れるように頑張りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました