最高の時間。

本日で面談も最終日。
昨日の面談が最後に大盛り上がりで、約2時間お話ししてしまいました。進路より部活、当人よりお姉さんが吹奏楽で頑張った話し、あの時のソロ吹いていたんですかー!なんて。気がつくと7時近く。。。

今日は最後の5名で、皆さんと順調にお話できました。授業が3時間、空き時間に国立2次試験論述対策の準備、掃除、3分で昼食、論述指導、面談、論述指導で4時でした。結構ハードですね。

でも!
今日は最高の時間が待っていました。
サントリーホールでウィーンフィルのコンサートです。加須から運転中もワクワクしながら、時間も余裕があって無事に到着。以前は事故渋滞で、第一部が聴けなかった時もありましたから。。。

指揮はワレリー•ゲルギエフ。オールロシアプログラム。プロコフィエフのロメオとジュリエットから始まり(これから始まるコンサートもすごいです)、プロコフィエフのピアノコンチェルト第2番。これまたコンテンポラリー(現代音楽)の強烈な作品を、デニス・マツーエフが強烈に演奏していました。とにかく超絶技巧の嵐と、オケも全開で演奏。でも聴こえるピアノ。まさにピアノフォルテではなく、フォルテフォルテ。圧倒されました。ちなみにみんな大きいので、ピアノから何から全てが小さく見えました。ゲルマン人もスラブ人もでっかい。

そして、メインはチャイコフスキーの悲愴。
始まりから何か強い思いが溢れていました。特別に団長から挨拶があり、終了後は世界へ黙祷を捧げるということになりました。マエストロも最初からコバケンなみにお声が聴こえていましたが、更にヒートアップ。ちょっと気になりましたが。。。でも思いは伝わりました。鉛筆みたいな短い棒と、痙攣するような指揮も全てが祈りに繋がるように感じました。

交響曲があっという間に終わりました。
実は始まった瞬間に涙が出ました。やはり特別なコンサート。コロナに対する様々な思いが会場にあふれました。本当に素晴らしい時間をありがとうございました。そしていつもお誘いくださると荻野先生に心から感謝申し上げます。

そして、金曜日も行きまーす。
次は英雄の生涯です!すでに興奮。世界一流のオーケストラの、いつも以上に気持ちがこもった演奏をとっても楽しみにしています。とにかく音楽でした。ありがとうございました!

朝の軽量
68.6kg、BMI24,体脂肪率15.9%,筋肉量54.7kg,内臓脂肪レベル9.5,推定骨量3kg,基礎代謝量1587kcal,体内年齢33歳。体脂肪率が落ちて、筋肉量が増えたようです。基礎代謝量も上がりました。嬉しいです!

朝のエクササイズ
ルーツ&トランク 筋トレ。回数を数えて頑張りました。

今日の食事
なんと90点!!最高得点ですー。やったー。お菓子食べるなら、プロテインバーとかにしてみました。食物繊維もたっぷり。

練習。
全く出来ませんでした。。。反省。2日連続。
明日は必ず!

コメント

タイトルとURLをコピーしました