久しぶりの合奏。

 今週はホールも大講義室も全く使えなくて、やっと合奏が出来たのが前日となってしまいました・・・。2年生が模試でいないというピンチなのですが、練習場所が無いというピンチは相変わらずです。いやもはやこれはピンチではなく日常なのです。教室も部活では無く、勉強でも無く、なんだかのんびり過ごしている生徒もいて使用できたり出来なかったり。状況は年々厳しくなっています。朝もホールは使用できず、大講義室も火曜と木曜だけ。記念館まで行って音だしとなっているので、朝練習している生徒は本当に希少でしょうね。

 さて、午前中はこれまた大会が直前に迫った箏曲部がホールを使用し、午後から吹奏楽部が合奏となりました。
 千と千尋から進みましたが、やっぱり時間をかけていなかったこと、2年生が半分ほどいないこと、などなど思い知る合奏となりました。しかし!そこからずいぶん頑張って、最後にはあまり気にならないくらいまでの演奏になってきました。人数が少ないと合わせやすい!という事を感じました。逆に多い学校でびしっと合わせるのは大変なのでしょうね。どちらの場合もいろいろあるのでしょう。

 ということで、久喜フェスに向けて一生懸命に練習しました!
 さて、夜はおおみや市吹の練習でしたが、レイ・クレーマー先生のレッスンに加えて、秋山紀夫先生、武田晃先生も見守る中という大変緊張感のある練習になりました。クレイマー先生も気合いが入ってきて、テンポも速め、お話も速めでついて行くのがやっとでした。。。秋山先生が厳しい顔になり、何度か私に今後のアドバイスをいただくたびに団員指揮として責任を強く感じました。頑張ります。

 日曜日の練習でなんとか!なる!!
 部活も市吹も楽しく、充実しております。さ~また頑張りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました