第130回卒業式

本日、不動岡高校の第130回卒業式が行われました。吹奏楽部は運営に携わり、演奏をして貢献しました。
入場に校歌使用した「飛翔」、国歌の伴奏、卒業証書授与、在校生送辞、卒業生答辞、保護者代表謝辞で鍵盤打楽器が演奏、校歌伴奏、退場で「3月9日」を演奏。どれも定番となってきました。
卒業式は厳粛に、そして粛々と進められました。今回から来賓祝辞が学友会会長の大橋様(加須市長)と、PTA会長小林様の2人だけ!大幅な時間短縮になりましたが、しかーし!終わってみれば最長不倒の2時間越え。。。
振り返って見れば、入場が長かった。。。そして呼名はいつもの1.5倍でした。長かった。。。打楽器の皆さんご苦労様。生徒会長の答辞も長かったけど、素晴らしい内容で本人も感きわまりながらの答辞でした。「お母さん、お父さん、ありがとうございました!」のくだりで、大勢の保護者の皆様がハンカチを出していました。
そして退場。各クラスが掛け声をかけるのですが、これは長すぎ。来年は手短にお願いします。退場の「3月9日」は何回繰り返したでしょうか。。。
という事で、最長の卒業式が終わりました。吹奏楽部としても課題の多いイベントとなりました。

終了後に卒業生と写真タイム。みんな素晴らしい笑顔で写真を撮っていましたね。その気持ちを忘れないで下さいね!

最後の最後に、授業を担当した生徒が写真を撮りましょうと、わざわざ研究室に来てくれました。嬉しい事を言ってくれて、本当に幸せな気分になりました。

卒業式でしたねー。
終わってしまいました。週末には引退式です。盛り上がる事でしょう。54代の皆さん!またすぐに会いましょう~!

卒業おめでとう!

イメージ 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました