色々と改善を。

 新体制となってメンバーが新くなり、これまでと状況は大きく変わりました。
 そのような中で目標とするサウンドを作り上げる、豊かな音楽を奏でるために必要な課題は山積みです。今のメンバーに合うステップを考えつつ、日々の結果を精査して次の手を打つ日々です。
 
 今日は前日の合奏を受けて、様々な課題を明確にし、練習方法も具体的に伝えてパート、セクションでの練習時間を設定しました。すると合奏での演奏はグッと変わっていました。やはり「明確さは力」ですね。まだまだ自分たちでは練習の方向性が定まらない、という状態が分かりました。今後の練習方針がしっかりと見えた点で、今日の練習は大変有意義でした。
 
 今日の合奏でテスト前の練習は一区切り。
 明日はテスト前最後の練習ですが、今日の練習を踏まえてパート、セクションを中心に切り替えました。自分たちでしっかりと詰めてきてくれることでしょう。
 
 これから10日間ほどあって、すぐに管楽合奏コンテストの録音審査が待っています。
 私が着任してからチャレンジし始めましたが、年々評価は上がってきています。今年こそは本選大会に出場できるように、一歩ずつ前に進んで参りましょう。
 
 テスト明けはたっぷりホール練習です。いや~本当にありがたいですね。
 今回は羽生市の全面的なバックアップで、羽生産業文化ホールをお借りしてのホール練習。延べ5日間に渡るホール練習で、FWOのサウンドも確実にレベルアップすることでしょう。
 
 ということでしばし休憩。
 勉強に本腰を入れて下さいね~!!文武両道!二兎を追え!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました