合宿2日目。

 2日目は練習内容としてはD部を中心。
 A部は翌日がレッスンなので、それに向けてしっかりとさらって準備。D部は合宿が明けるとすぐに本番。ここの練習が本当に大切です。

 D部の「百年祭」はクラリネットのソロ、フルートのソロ、バリトンサックスのソロと続きます。いずれも実力者なので、本番までに更に磨きをかけてもらいたいです。そして何よりも本番では「強気」で行く事。それが一番でしょうね。

 そしてテーマとなっている、100周年を迎える伝統ある学校が閉校するという物悲しさ。せつなさを醸し出すメロディの歌いこみです。同じ伝統校の不動岡高校の生徒ならば、通じる部分がある事でしょう。もっともっと歌えますね。

 それから強奏のコントロール、より精度の高い音程。
 これがしっかりと出来れば本当に良い演奏になるでしょう。これまでも驚異的な伸びを見せて来ましたが、これからの残り少ない時間での進化に期待です。

 A部は更にエンジンがかかったようで、本当に頼もしい感じになってきました。いや~ここからどれだけギアが残されているのか楽しみだな。もっともっと回転数が上がって行く事を信じています。

 金管も良くなるようになってきました。
 木管は音色の統一感が増してきました。細かい動きも揃ってきました。自信を持って演奏できる課題曲に近付いています。もちろんまだまだ課題は山積。でもその中で、地区大会、県大会に自信を持って臨めるレベルまで上げて行きましょう。

 最後の最後まで集中して、本当に良い練習をする事が出来ています。
 これから最高の練習ができるでしょう。

 本番が楽しみになってきました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました