本との出会い。

 とにかくたくさんの本を読むこと。
 と思っていますがなかなか時間が確保できず、読もうと思うとうつらうつら・・・。でもこのほど読了した「やくざ監督とよばれて」は楽しく、ちょっと涙しながら読みました。

 2年ほどまえに物議をかもしだした「切腹」発言。21世紀枠の学校に破れての発言だったわけですが、見た目から破天荒なこの監督はマスコミの格好の的になった訳です。

 私としてはここのところ、ここまで全国的にではありませんがバッシングされるという事に何だか共感を覚える事が多い日々だったので余計に思うところがあったのだと思います。

 ま~美術の先生でありながら、野球一筋というこの先生。
 その監督人生はまさに波瀾万丈。
 
 で思ったのは。
 マスコミの情報に踊らされ、実際の事も知らずに誹謗中傷をする大衆の醜さ。自分自身への戒めとしても、強く思いが残りました。

 それから「まゆみ先生の吹奏楽お悩み相談室」という本。
 ここにも「やくざ監督」とつながるようなお話がたくさんありました。こっちは吹奏楽部の顧問として、涙無くして読めませんでした。こんなに辛い時にも前向きに、乗り越えて来たのかと思うと頭が下がります。まだまだだな~と思いました。

 本を読もう!
 今はテスト勉強まっしぐらでしょうが、少し落ち着いたら良い本をたくさん読みましょう!

 勉強頑張れ~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました