最終の合同練習

 埼玉栄高校にお邪魔しての合同練習最終日。
 今回は最初から終わりまで見学させて頂きました。とにかく指揮を引き受けて下さった浦和北高校の金井先生に感謝感謝です。

 去年まで中学校の先生をなさっていて、今年から高校の先生になり、更に埼玉を代表する栄高校の生徒を前に合奏をする。本当にすごい事だと思います。ご本人は大変謙虚に全ては勉強、とおっしゃっていましたが中々出来るものではありません。

 汗をかきながら、一日合奏をして下さいました。もうそれだけでも十分に感謝で一杯です。後は少しでも良い演奏になるために、演奏者の側で歩み寄って演奏するのみです。

 栄高校の皆さんは練習の始まりに部の約束を読み上げていました。その中でとっても印象的だったのが「他人を思いやる事」という事を掲げていた事。これがなかなか出来ないですね。

 慣れない環境で、切羽詰まって、どうしても自分の事でいっぱいいっぱいになりがちです。さらに上手くいかない事は人のせいにしがち。ああこれも部の約束で「愚痴や文句は何も生み出さない」というな内容がありました。

 今回の合同バンドは編成するまでに紆余曲折あり、まさに課題がたくさん。でもそんな中だからこそたくさん勉強できるのです。物事に意味を付けるのは自分自身。良い意味を付けるか、悪い意味を付けるか。

 久喜高校のみんなは今日の練習に良い意味を付けられたでしょうか。
 練習中の表情を見てるとちょっと不安になりましたが、終わった後に楽器を積み込んでいる時に話をしていたら少し安心。

 自分は疲れていても、周りを明るくさせる気遣いがあるともっと良い合奏の雰囲気になったのではないでしょうか。ちょっと金井先生に申し訳なかったな。。。次は本番ですから、朝から帰りまで良い一日をみんなで作りましょう。みんなが「良い意味を付けよう」と思えば必ず出来ます。

 26日は朝早~~い。
 寝坊するなよ~。って自分に言っています。

 とにかくみんなお疲れ。次は笑顔でやろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました