すばらしいの一言です。

 この日は午前中にはコントラバス、E・Bassのレッスン、午後はTubaのレッスンと盛りだくさんでした。それと並行して卒業式の合奏もあった訳ですが、何より素晴らしかったのは夕方からの金管五重奏のコンサート。

 とにかくその迫力に圧倒されっぱなしの1時間半でした。本当に吹きっぱなしで、バテると言いながらも最後まですばらしい音楽は変わりませんでした。

 まさに「本物」の演奏を聴く機会となり、久喜高校吹奏楽部の部員にとって「いい音」、「いい音楽」を心に蓄積する事ができました。本当に良かった!私自身も大きな衝撃を受けることができましたし、次の日から頑張っていくエネルギーをもらいました。

 このコンサートは不動岡高校のS先生のご尽力で開催することができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました!

 演奏して下さったF先生もおっしゃていましたが、このような機会が持てるということはとても幸せな事です。こうやってどんどんすばらしい音楽を吸収して、自分からもすばらしい音楽を奏でてくれればと思います。
 
 是非このような機会を定期的に持っていきたいと思っています。
 次回をお楽しみに!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました