自分達の持っている基準。

 今日で期末テストも終了。
 そしてコンクールへ向けてとうとう練習が再開しました。
 いきなりのレッスンでしたが、とっても長い時間レッスンをしていただく機会を頂きました。

 そして皆さんはそれを生かせましたでしょうか?
 今日のレッスンにどのような意味があったのでしょうか。先生は本当に素晴らしい、最高の指導者です。最高の指導者が指導してくださっているのですから、そのレッスンは「最高」になるはず。

 しかし皆さんはその「最高」のレッスンに、「そこそこ」という意味を持たせてしまいましたね。

 皆さんの返事、表情、そして演奏。その全て「そこそこ」でした。

 帰りにも強く言いましたが、「そこそこ」では意味が無いのです。
 期末テストだったから、レッスンが長くなってきたから、疲れているから、眠いから・・・・。いくつ「出来ない理由」を挙げれば気が済むのでしょうか?
 
 そしてその末に成功はありますか?目標は達成されますか?

 自分と仲間の持っている「基準」がこんなに低いのか、としっかりと認識する所から始めないといけませんね。

 しょぼい返事、暗い表情、何度言われても改善しない演奏。さあそれで一体どこまで行くのでしょうか。

 「本気」は伝わります。
 全員のやる気は合奏場に満ち溢れます。熱気が伝わります。本当に温度が上昇します。熱い視線が指揮者を刺激し、更に盛り上げます。

 練習は今しかありません。
 今を大切にしないで、先はありません。
 今「本気」になりましょう。それ以外に道はありません。
 皆さんには無限の可能性があります。それを生かさないなんて!!!もったいない!!!!

 明日は一日出張なので、明後日の皆さんに期待します。
 やる気を前面に出して下さい。
 誰が見ても分かる位!!
 期待しています!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました