不動岡高校の定期演奏会。

 今日は久しぶりのOFF。でしたが羽入産業文化センターまで不動岡高校の第38回定期演奏会を見てきました。

 会場はほぼ満席。ステージ上もほぼ満席。(127人の部員だそうです。)総勢1000人以上がホール内に居合わせたのですね。いやー素晴らしいことです。

 私は一昨年は市吹の演奏会と重なってしまい、去年はアメリカ演奏旅行と重なり、3年ぶりの不動岡高校のコンサートでした。

 ステージ用のブレザーがりりしく、大迫力のサウンドは見事でした。課題曲の1番は普通に聴こえて実は難曲。ですがそれを普通に聞かせるのはさすがですね。

 また「くじゃく」は久喜高校でもメインに取り上げる作品。とにかく不動岡のフルートはすごい!の一言。いや~フルートを目立たせるにはもってこいの作品ですね。久喜のフルートの皆さんも是非是非頑張ってもらいたいです。(ピッコロのYさんは会場にいましたね。良い刺激になった事でしょう!)
 
 第2部ではピアノ・コンチェルトを吹奏楽の伴奏で初めて聴きました。ラフマニノフの2番とは・・・。入場無料で聞かせて頂いていいのでしょうか。とにかくブラボーの一言です。

 また小長谷先生の指揮での「オクトーバー」は秀逸。非常に繊細な、極上のサウンドが随所で輝きました。これが不動岡高校の求めているサウンドなのでしょうね。これから3カ月でコンクール。これが練り上げられると思うと、いや~楽しみですね!!

 それにしてもS先生の後姿は別人のようでしたね。急激なダイエットは危険ですよ~。心なしか後半よろけていたように見えましたが・・・。気のせいでしょうか。ちゃんとご飯を食べてくださいね!

 他の学校の演奏会を見ると、やはり盛り上がってきますね。「次は自分達の番だ!」という気分が。久喜はまだまだ形が見えて来ませんが、あと1ヶ月。全員が真剣に、本気になれば間違いなく素晴らしい演奏会が出来ます。

 実行委員長と話しましたが、本当に一生懸命に、全力で取り組んでいます。この「気持」に部員全員が「気持」で応えなければ!そうすればもっともっと演奏会の形がしっかりと見えてきます。

 この第14回定期演奏会を通じて久喜高校吹奏楽部が一回りも二回りも大きくなって欲しいです。いや大きくなります!!

 ゴールデンウィークが山場です。
 さあラスト・スパートだ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました