杉並高校との合同練習。

イメージ 1
 待ちに待ったこの日!杉並高校にお邪魔して一緒に練習をさせて頂きました。いやーこの日をどれだけ楽しみに待ったか!
 
 杉並高校は平日の練習が5時まで(5時半には学校を出ないと、部活禁止という厳しい状況です)、休日は土日両方は活動できず、しかも3時まで。さらに朝練はできない。(住宅街のど真ん中にあるため。)更に平日は練習場がなく、教室に分散しての個人練習のみ。

 これだけの厳しい条件でアンコンは毎年全国大会へ進出(今年も埼玉での全国大会に出場します)、バンドでも普門館に進出しています。そして何と言っても魅力的な演奏会。どうやって短時間であれだけの演出を作り上げるのか。

 とにかくどれくらい密度の高い活動をしているか。とにかく一緒に練習をさせて頂いて、体験するのが一番!ということでお邪魔したわけです。

 私は前任校でも杉並高校にお邪魔して、合同練習をさせて頂きました。その時の衝撃は今でも忘れません。今回も久喜のみんなが大きな刺激を受けてくれると期待して合同練習をさせて頂きました!

 行ってみるとスゴさが良く分かりました。

 移動は走る!返事は明るく、元気良く。まあ目に見えるものだけではなく意識の高さ。一人一人が考えて行動する、それが活動の質を一味も二味も違うものにしているのです。

 練習、活動の「意味」を理解する事。基本かもしれませんが、これを全員がやれるか。とても大きいです。

 久喜高校にとってとても大きな一日となりました。
 杉並高校の皆様には本当にお世話になりました!ありがとうございました!次は3月26日の定期演奏会にお邪魔いたします!!この日もリハーサルから見学させて頂きます!!

 これから頑張りましょう!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました