中庭コンサート

 今日は新入生のハートをゲットするため、中庭でコンサートを行いました。しかし私は吹奏楽連盟の総会のため、聞くことが出来ませんでした。。。残念。でも一生懸命練習をしていましたので、成功した事でしょう!でも今日の寒さは厳しかったでしょうね・・・。部員の皆さんご苦労様でした!!
 ところで、総会は粛々と進み大きな問題もなく終了いたしました。とは言え、ここのところ吹奏楽連盟の活動は「授業確保」等の理由で難しくなってきています。実際来年の東部地区吹奏楽研究発表会は土日の開催となりそうです。6月と言えば高校では定期演奏会ラッシュの時期。土日の会場確保は大変難しく(私は3回抽選に外れた事があります・・・)、ホール代も跳ね上がります。またアンサンブルコンテストも平日には出来ないかもしれません。ああ大変!昨今の「ゆとり教育」の見直し、学力の低下、など大きな課題がある中で、学校教育が大きく方針を転換しようとしています。そのような状況下で部活動が、吹奏楽部がどのようにして活動していくのか。これからは一層多くの人の知恵が必要になるでしょう。とにかく一生懸命に活動している生徒のためにも、私達が頑張らなければなりません!!
 もうすぐ1年生の部活動本入部。多くの新入部員を迎え、久喜高校吹奏楽部はここで一段と盛り上がる事でしょう。そして充実した活動を通じて部員一人一人が貴重な経験を積み、一人の人間として豊かな人間性、社会性を磨き、これからの世界を盛り上げる人材になってくれる事を期待します。
 何だか大きな話になってしまいましたが、これから「部活動」の意義というものをしっかりと見据えないと、大きな流れに飲み込まれてどんどん縮小してしまうと実感したのです。私は「部活動」で得られる教育効果に大きな期待と自信を持っています。私は「部活」で得られる経験は「授業」にも負けない、貴重なものであると確信しています。ですから両立させるのです。とにかく今まで以上に「部活動」について考えていこうと思った一日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました