1日練習。

 今日はびっちり一日練習でした。定期演奏会の曲のさらいが進みました。第1部で演奏する「砂山」はやはり良い曲でした。とても外国人が作った曲とは思えないほど、日本の民謡を題材に素晴らしい作品に仕上がっています。本番が今から楽しみです。ソロのIさんもとっても上手になっていて、これまた今から楽しみです!!
 ところでこの作品は秋山紀夫先生が台湾で指揮をする学生の合同バンドでも取り上げるそうです。いやー奇遇です。作曲家のヘイゾは今後も期待される注目の作曲家です。実はヘイゾ作曲の「ライド」を演奏したい!とずっと思っています。近い将来演奏したいなー。
 さてもう1曲合奏したのは、こちらも秋山紀夫先生ゆかりの「アルメニアン・ダンス」。A・リード氏は秋山先生が日本に紹介し、大人気となったと言っても過言ではありません。(A・リード氏は秋山先生に「ミスター・ミュージック」という作品を捧げています。まさに日本のすし墺学の第一人者なのです。)「アルメニアン」も本当に素晴らしい作品です。でも難曲ですね。まだまださらいを進めて行かなければなりません。頑張りましょう!!
 とにかく5時までのびっちり密度の濃い練習は本当に疲れましたね。でもさらに残ってさらっている人も居ました。素晴らしい!これからが本番ですから、もっともっと盛り上げて行きましょう!!
 明日はお休み。皆さんは。。。私は一日会議。夜も吹連の会議。頑張りまーす。部員の皆さんはしっかりと体力を回復してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました