3月24日 一日マレーシア観光!

 本日はマレーシア観光。
 午前中はバスに乗って鍾乳洞へ。イポーはカルスト地形ということで、数多くの鍾乳洞があるそうです。その中でも最大の鍾乳洞に入りました。鍾乳洞は涼しい!と思いますよね~。湿気と高温でぐったりでした。でも中は想像以上に大きくて、生徒と一緒になって歓声を上げてしまいました。

 ちなみにこの鍾乳洞は「ドライ」と「ウェット」の2コースがあり、さらにその中で「ライト」と「ヘヴィー」が設定されています。「ウェット」はどれくらい濡れるのか聞いたら、「首までつかる」そうです・・・。「こっちがいい?」と聞かれたので「No Thank you.」と即答しました。ちなみにそちらのコースは7時間ほどかかるそうです・・・。

 さて、「ドライ」の「ライト」コースだったので余裕!と思ってたら大間違い。結局1時間以上歩き通して、結構へとへとになりました。出てくるとみんな汗というか、湿気というか、びっしょりでした。いずれにしても日本では経験することの出来ない貴重な時間になりました。

 午後はホームステイのグループで昼食。我々教員も町中でおいしく昼食をいただきました。下見で来たときのお店でおいしいのは知っていましたが、麺類がとってもおいしいお店でした。ワイマンさんありがとうございました!

 その後は「客家(ハッカ)」の歴史博物館へ。博物館と行ってもこじんまりとした歴史的建造物がそのまま博物館になっていました。2チームに分かれて説明を聞きましたが、私の方を担当してくれた女性の英語が難解・・・。速いし、はっきり言わないし、7割位しか分かりませんでした。それも歴史的背景を知っていて聞いているからで、予備知識の乏しい生徒の皆さんはちんぷんかんぷんだったようです。私個人としては「客家」に興味があったので、とても楽しかったです。中国にルーツのある移民が、マレーシアでコミュニティを作り上げたそうです。事前学習でもやりましたが、「錫」の鉱山が莫大な富を生み出したというお話でした。

 博物館が終わると、学校に戻って「ボールゲーム」をやろう!とSMIがノリノリで企画していました。確かに6月に日本に来たときも夜でも元気いっぱいで遊んでいたな・・・。さすがにFWOのみんなもへとへとなので、顧問の先生にボールゲームは勘弁してほしい、と伝えたら、激しいスコールになって結局スクールホールでまったりすることになって結果オーライ。でもそんな中でもカラーガードやドラムラインでコラボレーションするメンバーが練習をしたりして、何だか自主的な雰囲気がとてもほほえましかったです。ちなみに私はまったりしながら、生徒に肩をもんでもらって幸せでした。

 夜は食事から。何だかずっと食べている気がします・・・。
 中華料理のレストランでしたが、本当においしくておなかいっぱいだったはずなのですが、思い切り食べてしまいました・・・。でもおいしかった~。その後はデザートのかき氷を別のお店まで食べに行き、そこから翌日のコンサート会場へ。なんとSMIの卒業生達が22時から25時頃まで会場設営をして下さっているとのこと。日本では考えられませんね。

 会場に着くと、大勢の卒業生達がカーペットを敷いたり、ステージを組み立てたりと一生懸命に準備をしてくれていました。ちょっとするとFWOのメンバーもちらほらホームステイの家族に連れられて現れ、椅子を運んだりして大活躍。時間は11時を回っていましたね・・・。いろいろと会場について打ち合わせをしてから、ワイマンさんにつれられて「スノービール」を飲むぞ!ということでお店へ。眠い、そしてお酒に弱いのですが、スノービールは何だか飲めちゃうんですよね。ちなみにこのビールはキンキンに冷えたジョッキとビールで、注いだとたんに泡が凍ってしまうビール。徐々に溶けて普通のビールになるのですが、軽くて飲みやすくて私にとっては危険です。

 ということで、日付が変わってからホテルへ到着。
 やっぱり睡眠不足が一番いけませんよね・・・。でもとっても濃密な一日でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました