東部地区高等学校音楽祭

今年もこの季節がやって参りました。
この行事の素晴らしい所は、部活は吹奏楽、合唱、器楽と幅広く、さらにクラスの音楽の授業で取り組んだ器楽や合唱の実践発表の場である事。また、東部地区だけですが、特別支援学校と連携して宮代特別支援学校、羽生ふじ高等学園などが出演している事があります。普段は交流することが少ない、様々な活動がこの機会に一同に会する事で大きな感動をいただける場となっています。

今年は講師の先生がインフルエンザという事で、急遽午前中だけ指導講師をさせてもらいました。他地区の講師はさせて頂く事がありましたが、東部地区は初です。なんだかとっても新鮮で、とても感動の時間になりました。

朝一番から宮代特別支援学校の皆さんが合唱、合奏を披露してくださり、心にずっしりと響きました。まさに、揺さぶられる音楽でした。身体をよじりながら紡ぎ出された音楽には、想いが詰まっていました。やはり音楽は素晴らしい。

合唱はどれも新鮮で、蓮田松韻のクラス合唱の盛り上がりに感動しました。生徒の気持ちがステージ上で弾けていました。ブラボー!

吹奏楽は小編成でも、個々が立派に演奏している団体が多く、個人技ならば不動岡より上手だと思う団体ばかりでした。どこの学校も一生懸命に、出来る限りがんばっているのです。その事が再確認出来ました。

そして最後は津軽三味線の山中先生。
私も初津軽三味線でしたが、あまりに圧倒的な音楽、空間に吸い込まれてしまいました。本当に超一流の演奏は、老いも若きも構わずにあっという間に虜にするのですね。邦楽は初めての試みでしたが、大成功でした!来週も楽しみです!

ピンチヒッターで講師もやらせて頂き、盛りだくさんの一日でした。ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました