銀賞でした。

 今年度埼玉県吹奏楽コンクールにおいて、不動岡高校吹奏楽部は3年連続銀賞という結果に終わりました。念願の西関東大会進出を果たすことが出来ず、本当に悔しい思いで一杯です。
 
 9団体が西関東大会進出を果たす中、不動岡高校吹奏楽部は10位でした。もちろん審査には様々な要素が関係してくるので、銀賞の中にも西関東大会に出場しても遜色無い実力の学校があったはずです。その中で結果として西関東大会次点という結果だったことは、大きな手応えであり、やはりとても悔しい結果です。
 
 県大会では春日部共栄高校、埼玉栄高校に続いての演奏という事、しかも課題曲は3団体共に5番・・・。いや~本当に素晴らしい順番でしたが、その中で臆することなく思い切り演奏する事が出来ました。何より12分間を楽しんで演奏する事が出来、自分自身が着実に成長したと実感出来る本番でした。
 
 結果は真摯に受け止め、次へ向けてまた進み出したいと思います。
 毎年思いますが、頑張っているのは自分達だけではないこと。本当に皆さん素晴らしい演奏をなさっていて、感動とあこがれを覚えます。埼玉の吹奏楽はすごいな~と。その中で自分達と向き合い、一生懸命に音楽に取り組めることを誇りに思い、感謝します。
 
 ここまで頑張ってくれた3年生。
 本当に個性的な、面白い学年でしたね。一人一人が自分のカラーを出して行くこと、これは私の考える理想的な部活動です。その方向性をある程度実現してくれた52代。結構色々ありましたが、だからこそ盛り上がりましたね。この自由で、明るく、そして前向きな雰囲気はFWOの大切な文化として引き継いで行きたいです。皆さんが見せてくれた西関東への可能性。必ず来年実現させます。52代の皆さんが「すごい!」と思う演奏をしますから、今から楽しみにしていて下さい!!
 
 これまで応援して下さった保護者の皆様、校長先生を始め学校の皆様、OBOGの皆様、そして地域の皆様、本当にありがとうございました!本日をもって52代を中心としたFWOから、53代へと代替わりとなります。これまも一層の努力を重ねて参りますので、どうぞ変わらずご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
 
 どうもありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました