理事会。

 午後から埼玉県吹奏楽連盟の理事会。コンクールの反省、そしてアンサンブルコンテストの準備など。
そのため基礎合奏、合奏は午前中。新体制になってから少人数の基礎練習(基礎セクション)をやっていますが、これはとっても効果が大きいと実感。また不動岡の生徒は課題をしっかりとやることができるので、どんどん改善の方向に進んでいるのが分かります。さすがですね。

曲では「マリアの7つの悲しみ」を合奏。
9月23日に録音をするのですが、これを何としても納得のできるレベルまで仕上げて申し込みをしたいですね。そして11月の全国大会に出たいですね!文京シビックホール。まだまだ遠いです。。。

でも今シーズンのテーマは「歌う」ということ。
音をただ並べるだけでは伝わりません。フレーズを理解し、音楽の頂点をつかみ、様式にあった歌い方を身に着け、自分の感性を生かして歌い上げること。これを常に意識して、観客に伝わる演奏を積み重ねていきましょう。まだまだ今は第1歩です。もっともっと要求していきますよ!!

それでも反応の良い不動岡生は、随分と「歌おう」とする意識は見えてきます。
これからもたくさん工夫して、何としても観客に伝わる表現を身につけましょう!そうなれば、より感動的で、魅力的な演奏になっていきます。

「歌う」ことを身に着け、音の精度を継続的に上げていく。
この先には間違いなく素晴らしい演奏があります。私も皆さんも妥協せず、理想を目指して練習していきましょう。まずは感動的な「マリア」にすることからです。まだまだ~。

これからの練習が楽しみです!!
頑張るぞ~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました