偉大なるベートーベン

 本日は午前中に指揮法のレッスン。
 現在取り組んでいるのはベートーベン作曲ピアノソナタ第1番。

 ピアノのS先生にこういう音楽なのよ!って教えて頂きつつ、あ~!と感動しつつ、Y先生にいっぱいアドバイスを頂いた1時間でした。やはり指揮者が何をしたいのかわからない状態では、音楽は生きてはこないのです。当たり前ですが。

 ベートーベンは本当に様々な工夫を施し、見事に整った音楽を作り上げています。演奏者はそれを分析、理解し、その通りに演奏すれば良いのです、って言った作曲家も後世にいましたが。もちろんその解釈、表現には個性が加わる訳です。

 今の私の場合、その解釈、理解がまだまだ。
 もっともっと勉強しなければいけませんな。でも勉強しても、理解しても自分が何をしたいのか、が無ければこれまた居る意味がありません。指揮台に立つということは、本当に素晴らしい事です。だからこそ精進しなければなりません。はい。頑張ります。

 さてさて。
 午後は子供達とキッザニアへ。もう何回も来ていますが、今回は和奏ちゃんは自分からどんどんお仕事を選んで、着々とこなしていきました。ところが紀調くんは調子が悪く、なかなかお仕事をすることが出来ずぐずぐず。最後はお姉ちゃんと一緒にお仕事をしていましたが・・・。次回はもう少し工夫が必要かな。

 このお仕事体験アミューズメントパークは、良くできた巨大なおままごとのような感じです。ま~楽しめるのは小学生まででしょうね。3歳から出来るのもありますから、もう少しすると彰史が登場です。

 ここのところ彰史は「キャ~」ってかんしゃくを起こすのを覚えて、何か思い通りにならないとすぐ「キャ~」って叫びます。自分でも楽しいんだろうな。なかなか言うことを聞かなくなってきたし、「やだ」、「いなない」(いらない)をはっきり言うようになりました。

 育つのは早いな~。
 この本当にかわいい時期は一瞬。大切にします。
 明日も早く帰ります。テストが終わるまでのことですからね~。

 さ~テスト勉強もラストスパート!!
 頑張れ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました