七夕。

 七夕でした。
 短冊にお願い事をするのを忘れました。皆さんの健康と普門館。

 さて。
 我が家の彰史くん 0歳はとうとう外界への興味が爆発し、とにかく目に入るものは全て触り、口に入れるという行為を繰り返します。まさに世界を知ると言うことでしょう。

 夕飯はそうめんでしたが、机、床(まだ電気カーペットが出ていて程よく暖かいです。。。いい加減にしまおう。と思ったら自分でやるのが金子家の決まりです。明日片付けます。)にはそうめんの嵐が吹き荒れました。

 隣でご飯を食べていると必ず「ニコッ」と笑顔で近寄り、私の肩のところに吸い付きます。ドラキュラでしょうか。とにかく末っ子は人を見ると必ず笑顔になります。幸せを振りまき、まるで天使のようです。

 やはり笑顔が一番。
 私ももっともっと笑顔で過ごそう。人を見たらまず笑顔。そうするだけで相手は幸せに感じるものです。まあ赤ちゃんの笑顔にはかないませんけど。

 でも高校生の笑顔も負けてませんね。
 いつも無表情だったり、ふくれていたり。それを見て幸せを感じるのは難しいです。でも笑顔で挨拶してくれるだけで本当に幸せです。

 ぜひぜひ皆さんも彰史くんに負けない笑顔で周りを幸せにしてください。笑顔のあふれる学校にしましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました