刻一刻と。

 時間が飛ぶように過ぎ去ってしまいます。
 今日は「千と千尋」の後半部分。いや残り4分の1。たったこれだけなのに、2時間はあっという間でした。でも内容はそれほど高度とは言えません。

 原因はどこにあったのか、全員がしっかりと認識してくれたことでしょう。やるべきことをやってこなれければ、それをやり終えるために時間が過ぎます。合奏中の反応も大切。素早く反応し、要求に出来るだけ高い質で答える。それが効率の高い合奏へとつながるのです。

 この文化祭の練習を通じて課題がはっきりと見えました。まだ出来る事は山ほどあります。一つ一つを乗り越えて、一回りも二回りも大きく成長できるように頑張りましょう。

 明日はリハーサル。
 クラスの準備も忙しいでしょうが、とうとう明後日が文化祭本番。残りの時間を気愛で乗り切りましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました