東部地区。

 今日は午後から東部地区吹奏楽研究発表会の打ち合わせ会が行われました。例年通り進みまして、久喜高校は出演日が13日(水)に決定いたしました。出演順が何と最後。トリってやつですね。いやー演奏会の締めに演奏できるなんて、嬉しい限りですね。1年生と一緒のステージはこれが最後。と言っても定期演奏会と2回だけですからねー。とにかく気合を入れて頑張りましょう!
 今日の会議で出た話でとっても心配な事が・・・・。それは来年度からの東部地区、アンコンは平日開催が出来なくなったとの事。アンコンはまだ良いとして、東部地区は定期演奏会と時期がかぶるのです。しかも東部地区の会場に久喜総合文化会館も候補に含まれており、5月31日の抽選会に理事の先生が行く事になっています・・・。何だか複雑ですが、定期演奏会の会場は確保しなければいけません!!うーん。困った・・・。久喜高校やこの時期に定期演奏会をやっている高校にとっては、とてもとても困った事になりました・・・。
 まあ土日に開催される事自体は授業をつぶさないし、保護者の皆様も見に来やすくなるし、メリットも一杯。でも会場費は休日という事で跳ね上がるし、何より久喜高のように定期演奏会と重なってしまう学校が出てきてしまう。。。とにかく吹奏楽を部活を取り巻く環境は着実に厳しくなっているのですね。
 でもそんな時でも「楽しむ気持」は大切ですね!土日開催という事で、例えば随分お休みしている「ディレクターズ・バンド」復活も夢じゃない!かつて5年以上前に東部地区で「ディレクターズ・バンド」を結成して、20数名で「オーメンズ・オブ・ラブ」を演奏したのを思い出します。穴だらけでしたがとっても楽しかったし、観客の生徒の皆さんに大うけでした。土日の開催ならばまたやれるかもしれません。それから社会人、大学の吹奏楽団も出演できるかもしれませんね。これも楽しみです。
 色々と大変かもしれませんが、その分だけ「楽しみ」も増えていくものです。前向きに行きましょう!とは言え、まずは今年の東部地区。いい演奏をして観客の皆さんの心をつかみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました