第7回ファミリーコンサート・第51回定期演奏会

令和3年7月21日(水)

とうとうこの日がやってきました。

本来であれば5月3日・4日に実施していたはずのファミリーコンサート・定期演奏会。

3度目の延期にして、やっと開催できることになりました。

実は、「本当に大丈夫?」って色々と疑う思いが振り払えませんでしたが、さすがに前日です。
本当にできる!という実感がじわじわと湧いてきました。

午後練習

本来であれば前日は1日ホール練習です。

照明の仕込み、第3部の進行チェック。
特に第3部はどんどん演奏でつないでいくというスタイルなので、舞台転換が目まぐるしく変化します。

こればかりは実際のステージでしかできない練習なのですが、それが思うようにできません。

というのも、この日は午前・午後とすでに他団体の予約が入ってしまっていました。

普段ならば、予約とり放題の「パストラルかぞ」・・・。すみません。
しかしながら、今年はコンクールもありますし、やっぱりホールリハーサルがさすがに入ります。

ということで、夜区分のみのリハーサルとなりました。

18:00~21:00

まずは照明の仕込みで1時間。

後は第3部の流れを確認で1時間強。

それで終わりです。

17日にリハーサルをしましたが、コンクールのリハーサルもあったりと思うように時間は使えませんでした。

今回の延期で一番の痛手は「リハーサル」でした。

さて、そこを不動岡生がどこまでリカバリーしてくれるか!
とっても楽しみです。
実際のコンサートでご確認ください!

とは言え、2年ぶりのフルサイズの演奏会。
とにかくドタバタ・・・。

最近のFWOでは珍しく「忘れ物」が連発して、パストラルかぞと学校を何度も往復・・・。

普段ではそんなことあり得ない!というくらいしっかりしているのに・・・。
それくらい余裕が無いということです。
これは当日も何かあるかな~?

でも、それも成長につながる貴重な経験です。

7月に演奏会で良かった!?

延期のデメリットは当然ありました。
しかしながら、実際に延期になって「よかったかも?」と感じた点もありました。

成長した状態での演奏会

5月のGWと、7月下旬では生徒の実力が全く異なります。
特に2年生の成長は著しいです。

なぜなら、後輩が登場するからです。

生徒たちが一番成長するのは「後輩が出来たとき」です。

先輩としての自覚、プレッシャー、そして教える。
この「教える」こそ、MITの研究でも発表されている「加速された学習」です!
最高に学習効果の高い行動。

ということで、定期演奏会で演奏する実力はかつてなく高くなっています。

実際数日前の基礎合奏でびっくりしました!
音がこんなに合うなんて!!

追い込まれた経験

コロナの影響で一番大きいのは「経験値」不足。

「修羅場」の経験が無いのです。

このメンバーで、「やばい!」って経験が足りません。
この危機感、緊張感こそが「成長」に不可欠なエッセンスです。

それを、この時期に設定できたのは都合が良かったです。

実は、コンクールに向けて経験値不足からくる「メンタルの弱さ」を心配していました。
しかし、この演奏会に向けての苦難が彼らを大きく成長させてくれました。

やっぱり「苦労」は重要なスパイス。
この演奏会は不動岡高校吹奏楽部の歴史に名を残す、意味のある演奏会になります。

ちなみにかつては、不動岡高校吹奏楽部の定期演奏会は「サマーコンサート」と称してこの時期に実施していたそうです。随分昔ですが・・・。

気分転換

いつもであれば課題曲・自由曲の日々。

課題曲は五番・・・・。

分解して、理解して、組み立ててという「プラモデル」を作るような練習の日々。

なかなか息が詰まります。

でも、今は一日中ポップスやったり、アンサンブルやったり、なんだか楽しいです。

コンクールに向けての練習は不安・・・。

でも、苦労ばかりのメンバーにとって、ただただコンクールの練習が続く日々はきつかったかもしれません。

それが、この演奏会があるおかげで、何とか前を向いて突き進むことが出来ています。

ということで、どんな事が起きても良い面はたくさんある。
それを実体験できた素晴らしい演奏会にします。

さ~思い切り楽しみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました