新年あけましておめでとうございます。

吹奏楽

令和3年1月4日

3日はコロナで中断されていた恒例の新年会。

3年ぶりです。

まだ人数が多く集まるのははばかられ、少人数でしたが楽しいひと時でした。

皆さんお料理を持ち寄って、手作りの伊達巻や、100%栗の栗きんとん、チーズケーキやら、グラタンやら。和洋折衷の華やかな食卓でした。

来年は例年通りの大人数での開催が期待されます。

ゲーム大会はかるた大会。

埼玉郷土かるたで大盛り上がり。

国旗かるたは難しくて、結構勉強になりました。

その後は、新年と言えば福笑い。

いや~自作とは。

結構、みんな上手でした。シンプルなゲームは盛り上がりますね。

あとはエンドレスでUNO。

楽しいひと時になりました。

練習再開。

練習再開初日がレッスン!

鬼のような日程ですが、これは先生のご都合もあり・・・。

初めての先生のレッスンに緊張気味。
というよりも、合奏のレッスンを受けたのが初めての生徒も多数いました。

基礎合奏から。

普段の練習に取り入れられることがたくさんあり、やっぱり必要だな~と実感しました。

1 ロングローンの音域

  3オクターブ半のロングトーン。
  実際、私も中高生の時は毎日やっていました。音も良くなるし、安定するし、体力も付きます。

  また、調をB♭だけでは足りないということ。

  本当は全調が理想ですが、時間の都合もあるので半音階でやります。

  実は、これも私が中高の時に半音階 ♩=52 8拍・2拍休み で4オクターブのロングトーンを毎日やっていました。約40分。

  これにリップスラー30分。

  テューバの場合、これで大体何とかなりました。本当はスケール練習、そして練習曲をさらっておけばさらに良かったのですが・・・。

2 スケール練習

  これも2オクターブ。
  確かに、音域が狭いのはもったいない、と言われてその通りだと思いました。

  そして、思いのほかスケールが吹けない!!
  やっぱりパート、合奏で確認しないとやらない人がいるんだな~と分かりました。

3 ブレスコントロール

  ヴィンセント・チコヴィッチ著 のトレーニングより

徐々に長くロングトーンをしていく、本当にきつい練習。

でも、これでしっかりと音を伸ばせるようになるでしょう。

ブレスもしっかりとれるようになることが期待されます。

体が硬くならないように。そこは注意です。

これらを、日々のパート練習に取り入れていきます。

これからの積み重ねがどこまで成果として見えてくるか、とっても楽しみです。

先生がとにかく早口なんです。
生徒が、F高校の音楽科A先生に似ている~って言ってました。
似てるかな・・・?似ているかもしれません。
でも、ちゃんと伝わっています!大丈夫です!!

課題曲・自由曲

ご指摘いただいている点はほぼ基礎合奏と同じ。

わかりやすいのは「音の終わりを揃える」

そのためには「カウントする」

これ、何回言われましたかね。

これこそ、「吹奏楽のためのソルフェージュ」で学んでいる内容そのものです。

「音価」

「音程」

「拍感」

ここに、「テンポ」を加えて4つの重要ポイントです。

とにかく1音1音を確認していく丁寧なご指導に、ちょっと忘れていた「コンクール」的な合奏を思い出しました。

自分にはこれが足らないな~と再確認できました。

やっぱり目の粗い、詰めの甘い合奏になっていたなと反省。
本来はこういう細かい合奏に自信があったはず。

だんだん甘くなっていました。

また、「表現」の不鮮明さも指摘されました。

「できている、やっているつもり」 演奏者の思い。

「教えたつもり」、「分かっているはず」 指導者の勘違い。

を客観的に評価して、ズバッと指摘してもらうことがレッスンの大きな意味です。

やはり、毎日やっているとわからなくなってしまうんですよね。

そんな時に、新鮮な目で、耳で、客観的に判断していただけることがどれだけ助かるか。

とにかく、レッスンで私が多くの気づきがあって勉強になりました。

反省ばかり。

でも、まだまだやれることがたくさんある!と認識することが出来ました。

とても丁寧に、気を遣いながらレッスンしてくださいました。
回数を重ねれば、もっとスムーズに進むことでしょう。
いや~さすが!と感心しきりの一日でした。

非常に有意義な一日になりました。

部員のみんなも、レッスンに向けて冬休み中も自主練習をしてくれていたようです。

7日間の休み明けにしては、そこまでひどくレベルダウンした感じはありませんでした。

毎日、少しの時間でも積み重ねることが本当に大きいのです。

1と0は次元が違います。

30分でも効果は絶大。

休みでも、1時間は吹くという感じになれば、そんなに苦労することはなくなるはずです。

とにかく長時間のレッスンも、最後までそれなりに緊張感をもってやり遂げられました。

やっぱり不動岡生には素晴らしい潜在能力があります。

それを惜しみなく、すべて出し切っていければ相当なことができるはずです。

ポテンシャル(潜在能力)を無駄にしないでください!

能力は使い切ってナンボ。
ここから自分の可能性を信じて振り切っていきましょう!!

国際交流協会ミーティング

レッスン終了後、すぐにJTB小久保さんと黒川先生との打ち合わせ。

3月31日の国際音楽祭について、いろいろと情報共有をしました。

話はどんどん進み始めていて、結構盛り上がってきております。

今からワクワクです。

まだどんな行事になるか未知数な部分も多いですが、注目される素晴らしいイベントになるはずです。

不動岡高校吹奏楽部といえば国際交流。

年度最後になりますが、ここでしっかりとコロナでもできる国際交流をやります!

乞うご期待!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました