ホール練習

吹奏楽
ピラミッドが印象的な複合施設。

令和3年8月6日

県大会へ向けた最後の調整。

慣れ親しんだパストラルかぞでの一日でした。

ハープ

本日は県大会でお借りするハープを、ホールで弾かせていただきました。

ライオン&ヒーリー

大きくてびっくり。
そして音も大きい。いや~ハープはお値段そのまま。全然違いました・・・。

そして、先生がお手本を弾いてくださると、聞いていたメンバーからもどよめき。
あんな音がするのかと・・・。

間違いなく地区大会の演奏とは違います・・・。
楽器が違いますから。

いや~不動岡にある楽器の2.5倍ほどのお値段。
その価値はありますね~。

ということで、自由曲は相当にグレードアップです。

ティンパニ

先日ヘッドを交換したのですが、先生のお勧めで初めてのヘッドでした。

これが本当にいい音です。
しかし・・・。

その分、柔らかくて扱いが難しい。
チューニングが狂いやすいということで、非常に苦労していました。

とうとうどうにもならなくなって、急遽楽器屋さんに来ていただいて調整してもらいました。

時折お世話になっている昭和楽器の石塚さん。

丁寧に調整してくださって、何とかなりそうです。
県大会当日も様子を見てくださるということで、これで安心して本番を迎えられます。

やっぱり楽器のコンディションはとても大切です。

県大会が終わったらまた、楽器調整の旅になります。

ホール練習

まずは「トリトン・エムファシス」から。

ハープのアドバイスを沢山いただき、音楽がとてもとても華やかになりました。

たくさん課題が見つかりました。
すぐに改善できることもありましたが、もっと時間がかかるものも多いですね。

また、明日もさらに良くなるでしょう。

それにしても、非常に高い集中力でした。

すぐに改善するので、どんどん変わっていきました。

連日「火事場の○○力」が出まくっていますね。
県大会に向けて、最高に充実した時間になっています。

こんな日がいつも・・・というわけには行きません。
でも、今年はこれが経験できたという事が大きいです。

そして、それが来年につながっていくのです。

「幻想曲」

大体の形は見えてきました。

黒川先生がいらっしゃって、アドバイスを下さいました。

やっぱりずっと聞いていると、分からなくなってしまうんですよね。

基本的な課題もたくさんあったので、しっかりと改善していきたいと思います。

客観的な意見はとても助かりました。

黒川先生も自分の指揮で本番直前の忙しい中、わざわざ加須まで来てくださいました。
本当にありがとうございました。

多くの皆さんに助けて頂いて、少しずつ進んできました。

まだやれる事はたくさんあります。
頑張りましょう~!!

明日も、さらにギアを上げていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました