【2022・埼玉県立高校入試】不動岡高校の魅力とは!?

吹奏楽
創立136年目を迎えた伝統校。

今日は放課後に重要な進路に関する会議がありました。

これからこのような、進路に関するイベントが目白押しです。

あっという間に年末になるんでしょうね~。

2022 公立高校入試

埼玉県立不動岡高校のHPに学校説明会の動画のリンクが張ってあるとのこと。

「朝会で先生方も見ておいてください!」

との指示があったので視聴。

視聴回数が・・・。

私が見たときには160回

タイトル、サムネイル、リンク、概要欄の目次などなど。
改善点は山ほどありますね。

これからは学校もこういう部分をこれから強化していかなければ、生き残っていけないのではないでしょうか。

公開しているだけでもいい方なのかもしれませんが・・・。

実際にこれを見て「不動岡高校に入りたい!」と思わせるのは少し難しいようなきがします。

そもそも、視聴者の中学生、その保護者が何を求めているのかを考えなければなりません。
今、私が勉強しているSEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)です。

ちなみに、最上位に表示されていたのは塾とか、家庭教師の方が不動岡高校の入試情報を解説している動画。

なかなか・・・。
「イナカだけどね。」

は、自虐ネタならば良いですが・・・。
人に言われるとちょっとひっかかりますね。

あ、田舎ですけど。

内容を見ると、作成者の学校に対する価値観が

「大学進学実績」

に重きを置いているのが良く分かります。

進路実績 - 埼玉県立不動岡高等学校
埼玉県立不動岡高等学校のホームページです。

国公立100名以上を継続しています。

確かに優秀な生徒はたくさんいます。

でもそれって「学校の力」なのでしょうか?

もちろん、先生方は一生懸命に授業をしています。

進路も進学校ですから、頑張って努力して大学進学する雰囲気があります。
でも、トップレベルの学校に進学する生徒は、どこの学校でも同じような結果を出すと思います。

数ある進学校の中で、不動岡高校を選ぶ理由は色々とあるでしょう。

校舎がきれい

校舎Web見学ツアー - 埼玉県立不動岡高等学校
埼玉県立不動岡高等学校のホームページです。

これを言わない生徒はいません。
やっぱり来たら驚きますよね。

ここまでの校舎は県立高校で見られません。
でも、校舎がきれいなだけで選ぶ生徒はいないでしょう。

学校行事

学校祭の盛り上がりは不動岡の魅力でしょう。

6月 文化祭 - 埼玉県立不動岡高等学校
埼玉県立不動岡高等学校のホームページです。

HPを見ていてびっくり。
何と平成22年の学校祭です・・・。

更新。した方が良いですよね。

いずれにせよ、伝統校はどこでも学校行事を大切にしているように思います。
特に不動岡の文化祭、体育祭は素晴らしい盛り上がりです。

部活動

吹奏楽 - 埼玉県立不動岡高等学校
埼玉県立不動岡高等学校のホームページです。

どうでしょうか。

吹奏楽部!

ここのところ、吹奏楽部に入りたくて入学してくれる人が増えてきていてうれしいです。

伝統の陸上部(棒高跳びインターハイ優勝など)、剣道部、バレー部やバドミントン部、野球部などなど。

文化部も吹奏楽部!音楽部、筝曲部、色々。

一生懸命に練習している生徒ばかりです。

他にも魅力はたくさん。

学校には個性があります。

自分の価値観に合った学校を選んでください。

通学時間、偏差値、など現実的な要素も踏まえつつ、自分で決めてください。

入試データ

こちらの動画。

合格者の学検点(テスト)、学習点(通知表)が公開されています。

多分塾生の得点開示を集めて、集計しているのでしょう。

となれば、データの正確さ、その精度にはおのずと限界があります。

実際にデータを見てそう感じました。

また、毎年テストの難易度によって平均点は変動します。
だから、あくまで参考ということでしょう。

我が家の近くにあるこの塾の先生は、不動岡高校をほめてくださっています。

ありがとうございます!

繰り返しますが、データはあくまで「参考」程度になさってください。

ネタか?

「1分で分かる不動岡1年生の通学路」

この動画「3分」あります・・・。

思わず笑ってしまいました。

時間厳守でお願いします。

ということで、最後は不動岡高校吹奏楽部です。

Fudooka Wind Orchestra 【FWO】

演奏の動画リストです。

一番人気の動画は、樽屋雅徳作曲「思い麗し浄瑠璃姫の雫」です。
なぜこれがここまで再生されているのかは不明ですが・・・。

ちなみにFWOは10月24日(日)にLIVE配信にて演奏会を実施します。
※観客は関係者のみとなります。

コロナで演奏できるイベントが全て中止となる中、何とかして発表する機会を作る目的で企画しました。

私の「カネゴンチャンネル」にて配信します。

ぜひ、画面の向こう側で一緒に音楽を楽しみましょう~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました