緊急事態宣言延長・・・。

吹奏楽

とうとう、緊急事態宣言が延長となりました。
2週間をめどに、とのことです。

しかしながら、東京の新規感染者数に歯止めがかかりません。

一体、どうすればいいのでしょうか。

ジュニア管打楽器コンテスト

3月14日 に金管八重奏が録音します。

今回は「全国大会」ということで、せっかくの機会のなので専門家にお願いして録音します。
とは言え、翌日に提出なのでいわゆる「一発撮り」になります。

これまでずっと練習が出来ていないので、しっかりと吹けるのか心配です。
それでも、何とか今できる精一杯の演奏をしてほしいです。

ちなみに2週間前の特別な練習となります。

部活動について

これで、2週間の活動停止になってしまうのか・・・。

と思ったら、どうも制限はありますが活動再開となるようです。

今は音が出せないのですが、これで学校で練習が出来るようになります。
公式には月曜日に発表となるようです。

いや~本当にうれしい。
まずは、学校に音楽が戻ってくることが幸せです。

さすがにもう我慢の限界でした。
テスト期間ですので、まずはお勉強!です。

それが終われば、とにかく練習再開!

合奏はどうなのかな・・・。
でも今からワクワクです!

読書の日々

最近はとにかく読書。

乱読ですが、授業に活かせる内容を基本に、あとは興味の向くまま。


この本は以前に買った、いわゆる「積読(つんどく)」です。

この著者との出会いはネットの書評をまとめたホームページでした。

著者は2件の殺人事件で無期懲役が確定した、LB級刑務所服役者です。

L=刑期が10年以上

B=犯罪傾向の進んでいる者(再犯者)

という凶悪犯の受刑施設で、自ら出所を拒み人生を刑務所で終えようと考えている人です。

この方、とにかく相当な人物。経済的にも成功して、知識量も圧倒されます。
ブログも大変面白い。

無期懲役囚、美達大和のブックレビュー
教養を深めたい、仕事に生かしたい――。 人として成長するために本を読みたいと思っても、何から読めばいいかわからないビギナーのためのブログ。 服役中の無期懲役囚・美達大和から届く書評を随時公開。 連載第一弾 超一流の仕事術『仕事について』 第1回はこちら 連載第二弾 強靭な肉体を作れ!『マッスルロード』 第1回はこちら...

この人が、いかにして罪を犯すに至ったか、その原因、さらに気づく過程などが極めて論理的に語られています。

その中でも印象に残ったのは、「自分の正義」が全てに通じるを思い込んでいた。
これは誰でも共有できる感覚ではないでしょうか。

著者の場合はそれが極端に強かったのですが、特に若いころは「自分の正義」に固執してしまう傾向にあります。

授業でも何度も触れる内容ですが、「正義」は存在しないという事です。

「正義」はあくまで、「自分の正義」であって、時にはそれが「相手の悪」にもなるのです。

この話と、YouTubeでいつも見ている「リベラルアーツ大学」

チャンネル登録者数は100万人になろうとしています。
第7回 原因自分論で考える【人生論】

これも、美達さんの話と通じています。

これは私見です。

「正義」について、持つのは構いません。
でも、それを相手に強要するとトラブルになります。

自分の思想を持ち、それを深める事は大切。

でも、他者にも「思想」があることを尊重する事。

そして、相手が子どもでも同じ。

子育てでも、相手を「一人の人間」として尊重する事は大切です。

そして、教員としてもクラスや部活で生徒を「一人の人間」として尊重する姿勢を忘れないように心がけています。

これが、教員としての一番の課題。
学校ほど「正義」を押し付けてしまう場所はない、と私は思います。

まずは自分から。
私の場合、特に家の中で気を付けます。

いい意味で「放っておく」こと。「気にしない」こと。
なかなか、出来ないんですよね・・・・。

歴史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学校では教えてくれない世界史の授業 [ 佐藤 賢一 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/3/6時点)


佐藤賢一氏。

本当に素晴らしい「歴史小説家」が、歴史を概説的に語ります。
小説同様、とても読みやすい。イメージが湧きやすい。

自分には欠けていた観点が、ぐっと広がりました。

例えば

ヨーロッパ覇権の変遷

ポルトガルから、オランダ、そしてイギリス・フランスへの流れ

でもここには、イスラーム勢力が大きくかかわっているという事。

オスマン帝国だけでなく、サファヴィー朝、オマーン帝国(アラビア半島先端のインド洋交易を支配)

などの国々が関わっているのは当然でした。
でも、その視点はかけていました。

やっぱり受験問題ばっかりやっていてもダメですね。
ちなみに、受験問題の中でも、こういう「視点」を広げてくれるのは、東京大学の論述問題です。

大変勉強になりました。


これは、私の大好物である経済から見る世界史。

著者は税金の専門家。
ということで、ある意味偏るほどの「経済」を鋭くえぐった内容でした。

特に数字を用いた説明は非常に説得力がありました。

ニクソン・ショック
米国の金兌換(金1オンスと1ドルを交換する)を停止。

これに追いやったのは、実はシャルル=ド=ゴール大統領のフランスでした。
ド=ゴールはアメリカの覇権をヨーロッパに取り戻そうとしました。

これがEU成立につながります。

1945年 第2次世界大戦終了後の米国金保有量は何と 22,000トン(世界の70%!)

これが、冷戦の激化、米国の経済不振によって60年代に8,000トンへと激減しました。
米国が金兌換を止めるよう要請する中、せっせと金に交換したのがフランスだったわけです。

経済の流れを見て行けば、歴史の流れが見えてきます。
そして、これからの将来も見えてくるのです。

いや~歴史は楽しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました