カイロプラクティック

健康

幸手カイロプラクティック

 休日。日曜日ということすが、部活も無いので午前中にカイロプラクティックへ行きました。

 私がもう15年ほど通っているカイロプラクティック。
 最初は前任校の同僚からお勧めしてもらって、定期的に通い始めました。
 当時の私は首の痛み、肩の痛みに苦しんでいました。理由は明確で、指揮をしているときに余計な力が入っていたからです。

 これが結構辛くて、首を回すと「バキバキ」って音がしていました。
 肩も上げると痛みがあって、指揮をしながら痛みとの戦いです。これらを解消するためにマッサージなどに通ったのですが、その時はとっても気持ちよくて、楽になりますが・・・・。基本的にはすぐに同じ状態に戻ってしまいました。


 そこで、紹介されたカイロプラクティックに通い始めたわけです。 

 「幸手カイロプラクティック」 

 これは完全予約制で隠れ家的な、看板無し、紹介が無いと予約できない、みたいな感じのお店です。

左 施術台。電動で上がったり、下がったり、色んな仕掛けがありますが、基本的に寝ているので良く分かりません・・・。

上 最近使用していない、うつぶせになる時の施術台。壁には色々な資料が掲示されています。レントゲン写真も。(誰のか不明)

 施術してくださる浅見先生はお若いですが、お宅での施術はもちろん、学校の運動部で治療、指導をなさったりと多方面で活動なさっています。ご自身も運動経験(野球、サッカー)があるので、体はかなり大きいです。

カイロプラクティックとは

 語源はギリシア語の「カイロ」=「手」の意。
 ちなみに、カイロプラクティックはアメリカ発祥の治療法で、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストリア等約40か国で国家資格として法制化されています。


1895 米国 ダニエル・デビッド・パーマー 創始 
※日清戦争のころですね!  
Wikipediaより

施術 「骨のゆがみ」を修正する。→ 薬などは使用せず、手によって施術する。
生活改善 食事、運動、体の使い方(睡眠、歩行等)のアドバイスも行う。

 つまり、通院して施術を受けるだけではなく、アドバイスを頂いて日々の生活を改善する治療です。
これは本来、一般の病院でも同じことですよね。様々な病気も日々の生活に原因があって、徐々に様々な問題(病気)という形で表面化します。

 原因を改善しないまま、物理的に除去するだけでは、結局は再発してしまうでしょう。
 やはり、日々の生活改善と治療を結び付けなければ「健康」は手に入れられないと思います。

カイロプラクティックの資格は?

 日本では法整備がなされておらず保険適用外となっています。つまり、国家資格のある保険適用の柔道整体、接骨院などとは異なるのです。そこで生じる問題が、施術者(カイロプラクター)の技術力の担保です。


 公的資格が無いので、未熟なカイロプラクターによる事故も発生しているようです。これは一般の病院、歯科医院なども同じですね。

 ちなみに、長女が先日体調不良で学校を早退してきて、近くの総合病院へ行ったのですが・・・。相当に不満だったようで「二度と行かない!」とお怒りでした。あれだけ取得の難しい医師免許があっても・・・。 

 ということで、カイロプラクター選びは大変重要です。ぜひ、ネット、口コミなどで情報を収集する必要がありますね。

 ちなみに「幸手カイロプラクティック」の浅見先生はばっちりです。

「nerve scope」 これで背骨のあたりのデータを取って、施術に反映させているそうです。


 私は現在、首、肩の痛みは完全に無くなりました。
 時折寝違えたり、調子が悪くなると調整してくれます。また、その原因についても問診しながら確認してくださいます。私の場合、10年以上も通っているので大体の問題は心当たりがあって気が付きます。

 私の場合のよくある生活習慣改善のアドバイスとして、睡眠時の体勢立つときの姿勢などもアドバイス頂きました。

  さらに、疲れから気が付いたらリビング(フローリング)でそのまま寝る合宿の時に研究室の椅子で寝る、などの身体に悪いことをたびたびやっていました。これが積み重なって、体が悲鳴を上げていたわけです。今思えば、これじゃあ身体に悪いな~と思うことばかりです。

 また、胃腸の弱さを指摘されていて、施術の時にもその点を改善しようとしてくださっていました。
 これについては、先日の人間ドックにて「ピロリ菌」の存在が判明して、除去の投薬を受けました。結果はまだですが、明らかに食事の際の印象が違うので改善の方向に向かっているはずです。(期待しています)

 つまり、カイロプラクティックですべてが完結するわけではないのです。
 施術の際に体の発している情報を把握して、それを患者に伝えます。改善の方向に修正してくれますが、それを日々の生活と連動させることが大切なのです。

 少しずつ、という点も非常に気に入っています。やっぱり急激に改善すると、当然反動も出るでしょう。つまり「無理」は良くないのです。

 私は知らなかったのですが、足の長さって左右で違うんですね。普段の使い方が悪いと、長さに差が出てアンバランスになるそうです。

 ちなみに私は足首がぐらぐらに緩いので(子供のころの剣道で何回も捻挫したせいだと思われます)、走るときはサポーターを付けるようアドバイスを頂きました。そしたら膝、腰がグッと楽になりました。

完全予約制(事前にお電話ください)です。また定休日 水曜日です。

料金・時間

 1回4000円、施術は45分 休息15分 

 私は月に2回。
 8000円/月の費用は安くはありませんが、自分の身体がこれほどまでに安定する事を考えると、十分「お値段以上」の価値があると確信しています。

 このような「体のケア」は自分に合う合わない、も大切です。
 何より「ちゃんとした人」に出会うのも大切。
 実は「人」との出会いが一番大切ではないでしょうか。

「健康」


 最も大切な価値観です。
 何をするにも「健康」なくして実現はありません。ぜひ、一緒に健康寿命を伸ばしてまいりましょう!

※高校生、大学生など若者には全く興味の無い内容でした。大人の皆さま、会話に病気、健康診断、「最近血圧が~」とか、「友達が軽い脳梗塞で・・・」といった会話になってきた方へお伝えできればと思います。


 でも、本当は若いころから気を付けていれば、さらに素晴らしい体の状態になるですけどね。失ってから気が付くのは大変ですよ・・・。  

自戒の念を込めて。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました