善光寺と桃狩り。

イメージ 1

 昨日から始まった家族旅行。
今回は善光寺参り。初めて行きましたが、とにかくその大きさに圧倒されました。仏教伝来直後からの由緒正しいお寺ということで、宗派が分かれる前から権威ある存在だったとのこと。また周囲に数多くのお寺が配置され、大勧進が尼寺ということが全国でも珍しいとか。日本も宗教史と政治史は切っても切れないということが分かりました。西洋史でもキリスト教、アジアでも仏教、イスラームと宗教史は歴史を動かす重要な観点です。それは現代史を動かす、重要なポイントでもあるわけです。

ということで、今回の家族旅行は修学的な要素を組み入れつつ展開されました。しかしながら暑い。盆地は本当に暑いな~。日差しも厳しくて、あっという間に体力を消耗しました。当然アイスもいただきました。

さて、午後は桃狩り。奥様が潮干狩り、リンゴ狩り等が大好きなので、今回は桃狩りとなりました。とにかくたくさんたくさん食べました。もちろん奥様は最後の最後まで納得のいく桃を探して、それを大切に収納していました。納得がいかないのはその場で食べました。あの異常なこだわり、かつて潮干狩りで豪雨の中たった一人で(お腹に一人いましたが)、1時間以上貝を拾いまくってバケツ満杯で現われた時から認識しております。

ということで大満足な桃狩りとなりました。特に奥様。
早めに宿にたどり着き、温泉に入ってのんびり。お食事も手の込んだ、丁寧な内容でこちらも大満足。久しぶりに鯉のあらいを頂きましたが、湧水で泥を吐かせているとのことで全く泥臭さはありませんでした。焼いてあるのも全く問題なくいただきました。

オリンピックも盛り上がっています。夏休みは佳境。戻ってから自由研究だ。あ~。
やっぱり宿題って大変。子供の夏休みの宿題が一番大変。
自分でできないんだよね~。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました