三出団体コンサート。

 本日は文京シビックホールへ。
 もう一つの全国大会。三出団体によるコンサートを部員と共に聴いて参りました。4時間半、休憩なし、一般、高校、中学の8バンドがこれでもかと演奏しまくる4時間半。

 さすがに私は途中でいったん休憩を自主的に頂きました。
 ロビーでCDを見て、春日部共栄高校の新しいCDを買いました。今年のコンクール自由曲をもう一度聴きたくて。良い曲だけど、難しいな~。当たり前か。

 さて。
 どの学校も日本を代表するバンドということで、本当に聴き応えがありました。埼玉県東部支部からも越谷市立北中学校が出演。中学生であれだけ吹ければ・・・。松戸市立第4中学校もバッハを熱演。トッカータとフーガ。対位法、フーガ、トッカータを中学の頃から勉強するとは。いやはやおみそれいたしやした。

 もちろん大人のバンドは大人らしく。
 私は市民吹奏楽団をやっているので、色々と思いはありますが。でもここまでの演奏をすること自体には、本当にすごいことだなと敬意を表します。

 そして高校。
 私は個人的には愛工大明電の演奏を楽しみにしていました。
 でも私の知っている明電とは違って、非常にまろやかな金管セクションにびっくり。指揮者が変わると、出てくる音も変わるなと実感。でも最後に十八番の「ディープ・パープル」はやっぱり明電でした。やっぱり名古屋のカラーはコテコテですよね。あの押しの強さに感動。是非是非不動岡高校吹奏楽部の金管セクションにも注入したい部分です。

 高輪台のフェスティバルヴァリエーション。
 すごかったな~。

 そして栄高校。シュワントナーの「そして山の姿はない・・・」を聞けるとは。へとへとに疲れていた耳にも、その音楽のエネルギーが直接的に入り込んできました。やってみたい!!ワイングラスを買って。

 最後は栄のコンサートみたいに、ホールをグッとまとめる力がありました。う~ん。やっぱり全国の団体とならんでも、栄はすごいんだなと再認識。大滝先生にたくさんお勉強させて頂きたいです。

 合同練習もお願いしたいのですが、まだちょっと難しいかな~。
 庄和でも、久喜でもお邪魔しました。
 もう少ししたら是非お願いしたいです!

 ということで!
 不動岡高校吹奏楽部の皆さんは初めての体験だったと思います。意識が確実に変わるはず。そしていつかは同じレベルへという野望を持って、今日の練習に取り組んでもらいたい!!

 「野望」は最初は人から笑われる位じゃなくちゃ。
 それでも信じる心の力があれば、何でも出来る。そう何でも出来る!って思うことのできる人間になって高校を卒業してもらいたい。

 さあ明日も頑張ろう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました