ジョイントコンサート。

 今年で第3回目となったジョイントコンサート。
 おおみや市民吹奏楽団と大宮光陵高校、久喜高校、そしてファミリーウィンズ和と四団体での合同演奏会でした。

 第1部は和と大宮光陵高校ステージ。

 和は子育て世代と年配の方まで幅広く音楽を楽しめるように創団しました。演奏会では子供たちも一緒に歌で参加し、とっても賑やかなステージになりました。

 そして光陵高校は、高校生が一生懸命に取り組む姿を見せてくれた「キャンディード」組曲。
 さすが高校生と思わせる演奏でした。まだ楽器を持ったばかりの1年生も参加していたということですから、やはりさすが高校生。

 第2部はおおみや市吹ステージ。
 秋山先生の指揮で「チェスター」を演奏出来たことは、とっても素晴らしいことでした。一生の宝物です。それにしても名曲。名曲と言えば松元先生の指揮で演奏した「フランス組曲」。本当に心が震える作品です。一度高校でも取り上げようと思いました。

 おおみや市吹は吹奏楽の大切なレパートリーを取り上げて来ました。今回もこの2曲はこれから先も演奏され続ける名曲でした。とても素晴らしい経験でした。ありがとうございました。

 第3部は合同ステージ。
 4回の練習を経て、松元先生指揮で「ポーギーとベス」、秋山先生指揮で「第6の幸福をもたらす宿」を演奏しました。100人以上の大編成で、豊かなサウンドがホールに響き渡りました。

 この演奏会のテーマは出会いです。
 様々な世代が音楽を通じて出会い、より豊かな音楽へと発展して行く事でしょう。本当に素晴らしい演奏会でした。これを成功させるために頑張ってくれたスタッフの皆さん、参加者の皆さんに心より感謝いたします。

 来年はH25年6月22日(土)です!
 さらに拡大して充実させますよ~!!
 よろしくお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました