ホールリハーサルの一日。

吹奏楽
パワーアップして開催です!

令和3年11月14日(日)

1日ホールリハーサル。

本日はオータムコンサートに向けて、本番の会場である「パストラルかぞ」を借りてリハーサル。

通しリハーサルを実際のホールでやるというのは、定期演奏会以外では初めての事です。

チラシも生徒がちゃんと作って、パンフレットも作っているようです。

パンフレットは紙媒体ではなくデータ形式
これって、シンガポールの演奏会がやはりデータ形式のパンフレットだったので驚きました。

追いついてきましたね~。
日本の若者のIT力は着実に向上していると思います。

ちなみにタイムスケジュールに至っては、私が作るものよりもしっかり詳細まで出来上がっています。

59代はすごい!のかもしれません。

もちろん例年通り個性派がそろっています。

その中で、自分たちでどんどん進められるところが素晴らしい。

前に進める事は、どんどんやっていいんです。
上手くいかなければ方向を修正すれば良いのです。

一番いけないのは、出来ない理由を挙げて行動しないこと。
「行動」することが、唯一物事を進める方法です。

もちろん「行動」には勇気が必要です。
様々な不安を振り払って、勇気ある一歩を踏み出せる。これこそ「リーダー」です。

本当に素晴らしいです。

楽器の積込

今回はステージドリルもやるということで、大量の楽器たち・・・。
いつもお世話になっている運転手のSさんに感謝です。

朝から大忙し。
搬入、セッティング。
これも経験値がまだまだ不足しているので、てんやわんやしながら進めていました。
でも、これを経験しないでスムーズな運営はありません。

なんでも最初は大変
でも、ちゃんと声をかけてリーダーシップを発揮していました。

ステージドリル

なんと生徒がコンテ(ステージドリルの動き)を考えてくれました。
しかも1年生。

経験者だからというだけで、本当に色々と任され大変かと思います。
とうとう「コンテ」まで書かされて。。。

もちろん指導全般も責任者です。
ちょっと重たすぎないか心配ですが・・・。

とにかく、オータムコンサートではステージドリルにご注目ください!

ちなみに・・・。
まだまだ完成には程遠い状態。この1週間で怒涛の追い上げを見せてくれることでしょう。
FWO名物「火事場の○○力」です。

通しリハーサル

ステージドリルから始まり、ソロへ。

ここで問題発生。
伴奏者の練習が間に合わない!?
これって本当によくあるんですよ。伴奏ってとっても難しいんです。

以前にはピアノ伴奏が理由で苦労したこともありました。
今年は大丈夫かな~と思ったかもしれませんが、すっかり忘れていました・・・。

そして全然大丈夫じゃなかった。

急きょその場でピアニストを手配。
結果的にはOKを頂けて、本当に良かったです。
オータムコンサートは乗り切れそうです。

伴奏の生徒の皆さんには、JBA(日本吹奏楽指導者協会)のソロコン(県大会・関東・全国大会と各カテゴリー開催されている唯一のソロコンテスト)の録音までには・・・!無理のない範囲でね。

そんなこんなでしたが、初めてソロの演奏を聴きました。

フルート・ソロ

フルートは2年生3人全員が挑戦。
1人は英検で演奏を聴けませんでしたが、残りの二人(初心者から始めました)がびっくりするくらい上手になっていました。
コロナの影響で7月から入って、1年と4か月。こんなに短期間でここまで上達するんですね。驚きました。

フルートが3名チャレンジしたことに感動。
やっぱり勇気が成長に一番必要。
この先のフルートがとっても楽しみです。

トランペット・ソロ

トランペットは2年生と1年生。
どちらも見事な演奏でした。これだけトランペットが吹ければどんな曲でもやれる!と楽しみになりました。

サキソフォン・ソロ

サキソフォンは1年生。
しっかりと太さのある、そしてのびやかな音色が魅力的でした。
これから音楽をしっかりと勉強していけば、音楽で人を魅了する演奏者になることでしょう。

トロンボーン・ソロ

トロンボーンも2年生と1年生。
2年生はとっても頑張り屋さん。毎日毎日朝練をして、とにかく人一倍努力を出来るのが魅力です。
ここのところアンサンブル、ソロと取り組んだことで一皮むけたように思えます。
後は、勉強との両立だけですね・・・。

1年生もしっかりと吹きこなしていました。
入ってきた時からでしたが、先輩とはまた違ってしなやかな音色が魅力的でした。
しかも堂々と吹ききる度胸が素晴らしい。経験をこれからどんどん積んでいけば、どんな舞台でも楽しめる演奏者になるでしょうね!

伴奏者賞!

何より驚いたのはピアノ伴奏。
上手だとは噂を聞いていましたが、想像していたレベルとは段違いでした。

かつて、現在、松伏高校の音楽の先生、東京都の音楽の先生などになっている、とってもピアノが上手な先輩がいました。

しかし、それを上回るレベルでした。
いや~こんなに上手だなんて。

なんだか雰囲気があるんです。
とても落ち着いているし。

とにかく、ソロのステージに立つ皆さん。
そのチャレンジ精神、行動力、それだけで称賛に値します。

結果を出すのは実力があるから、という面もあります。
しかし、最も重要なのは「行動」する事。
実力があっても、行動しなければ何も起こりません。

アンサンブル・ステージ

今日は、ワクチン接種、副反応、そして英検とかなりの人数が欠席、遅刻でした。

そのため全部のアンサンブルを聴くことができません弟子が、それぞれしっかりと成長した姿を見せてくれました。

その曲を練習していなくても、ベースの力が伸びていれば当然曲の仕上がりもよくなります。

これまでの練習の成果を実感できているのではないでしょうか。

コントラバス三重奏。しっかり成長していました。もう少し音程を合わせたいですね!
2年生サキソフォン4重奏。
コンテストでも素晴らしい成績だったので、自信を持って演奏しているように感じました。
残念ながらソプラノサックスが英検で不在。
それでもしっかりと演奏できていました。素晴らしいですね。
1年生のサキソフォン3重奏。
しっかりレベルアップしています。
思い切りよく演奏するのが印象的でした。
1年生の金管8重奏。
思い切り右側に寄ってセッティング・・・。
1年生らしいですね。本番は大丈夫だね!
演奏は見事でした!

部員全員がアンサンブルを発表します。
それぞれの音楽をぜひお楽しみください~。

合奏

日本初演の2曲はまだまだ・・・。
仕上がりには程遠い。
みんな頑張ってくださいね~!!

冬期演奏会(新人戦)の課題曲「プロヴァンスの風」自由曲「ブリュッセル・レクイエム」

は、相当に練習しているので何と通すことはできそうです。

その他にも「Spirited Away」(千と千尋の神隠し)、「YOASOBIメドレー」、「ディズニー・アット・ザ・ムービーズ」など、難曲が目白押し。

本当に定期演奏会並みにプログラムも盛り上がっています。
この時期にここまでのコンサートを出来るのは素晴らしいことです。

まだあと1週間あります。

ここで、大きく成長することができます。

ぜひ、オータムコンサートでFWOの奏でる音楽をお聴きください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました