埼玉県バンドクリニック

 とうとう待ちに待った埼玉県バンドクリニックの曲を合奏しました。
 1曲目 「成層圏への旅」 ロサーノ・ガランテ
 さわやかなファンファーレ、少し手ごたえはありますが中学生でも十分に演奏できる内容です。ぜひ、この作品を取り上げていただけると嬉しいです。邦人作品が圧倒的多数を占める中、サウンドが違って明るく、華やかになりぐっと印象に残ると思います。

 2曲目「美しき日々」 ジュリ・ジルー
 これはコンクールを意識せず、吹奏楽を芸術として楽しんでもらいたいと思い選曲しました。委嘱したレイ・クレーマー先生のご息女が不慮の事故で亡くなり、その生涯を音楽にするというテーマで作曲されました。非常に深いテーマですが、光、希望、そして何より美しさに包まれる作品です。こういう作品にも出会って欲しいと思います。

 3曲目「想いの和々」 片岡寛晶
 これは思い切りコンクール自由曲を意識して選曲しました。片岡さんのカラーが前面に出た、打楽器を中心にした作品です。テーマは東日本大震災とその復興に携わる方々に捧げる作品です。イメージ通りの曲かなと思います。もともと大編成の作品ですが、B編成(30人)でもなんとかなりそうです。こちらはぜひ、コンクールの候補曲にしていただきたいと思います。

 これから2月11日まで忙しい中ですが、しっかりと練習して会場にお越しの生徒の皆さん、吹奏楽指導者の皆さんに喜んでいただけるように頑張ります! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました