Singapore 

恒例の夜便にて出発。

自動チェックインも問題なく、フライトまで大変スムーズで1人海外も随分と慣れました。座席についてはいつも迷うのですが、窓際はよっかかれて寝やすい。でもトイレに行きにくい。今回は隣が大柄な欧米の方だったので、なかなかトイレに行きづらくて。。。次は通路側にします。
さて、これまた毎回ハマる映画のワナ。見ちゃいました。スカッとして良かったけど、やっぱり寝不足ですね。そして懐かしいチャンギー空港に着くとレスターさんと黒川さんのお出迎え。新しい空港内の滝にびっくり!
FullSizeRender

ここでいつもと違ったのは、ここからエンジン全開ではなく、一旦レスターさんの事務所にて仮眠。すっごく助かりました。
スッキリしてから、アンダーソンセカンダリースクールの顧問Mdm.Aw と会食。
IMG_3669

Mdm.Awは本当に品があって、美しい先生。怒ると怖そうですが、クラブのために一生懸命考えて下さっているのが伝わります。実は来日の件が校長先生からNGとなったとの悲しいお知らせもありました。何と海外交流を企画していた8クラブ全てがキャンセルとなったとか。シンガポールでは校長先生は教員ではなく、行政から来るエリート官僚の方だそうで、基本トップダウン。シンガポールらしい。。。でも受け入れは喜んで!とおっしゃって下さいました。しかも次回はコンサートホールで、とのお話もあって今から楽しみです。
その後、少し休息を取ってからMus’Art のMr.Ong夫妻とミーティング。コンサートの詳細を打ち合わせて、楽譜をお渡しして、と直接打ち合わせが出来ました。やはり顔を合わせての打ち合わせは大切ですね。前回のおおみや市吹シンガポール演奏旅行も顔を合わせてのミーティングが無くて苦労しました。。。
さて、打ち合わせをしたビシャン駅から徒歩で20分程かけて事務所へ戻りました。そこまで暑くなく、黒川さんと色々と話しながらのんびり歩きました。少し休息をとってから、次は夕食を食べて、技術専門学校の卒業生バンドを見に行きました。大体見に行く、と言って合奏をする事になります。
こじんまりとした20人ほど、パートのバランスも様々でしたが、やはり大人のバンドは楽しいですね。こちらの音楽的表現の要求に、グイグイ来てくれます。技術、体力は無くとも、この経験値こそ社会人バンドの魅力です。とても楽しく、貴重な経験をさせて頂きました。テューバも吹かせてもらいましたが、マイネルでとっても吹きやすかったです。B管でしたが。。。
IMG_3681

翌日が早朝出発なのであっという間に就寝。
やっぱり最初の一日は慣れるのに大変。
とても疲れていたんでしょうね。風邪も抜け切って無いし。
とにかく、素晴らしいシンガポールの一日でした。また、FWOで訪れる日を楽しみにしています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました