大変豪華でした。

 冬休み第1日目。
 新人戦へ向けた練習が急ピッチで進んでいますが、なかなか課題は山積。まずは基本的な力を伸ばさないといけないんだ!という事を強く認識出来るようにならなければいけません。基礎合奏で出す音の質をグングン上げていかないと、合奏での音が良くなる事はありません。

 簡単なようで、実は難しい事。やればできるけど、やらないと全く出来ない事。それが基礎なのです。高い意識で継続することによってのみ得られる、高い基礎力に裏付けされた美しいサウンド。これを手に入れれば、誰もが感動する素晴らしい音楽へ大きく近づく事が出来ます。

 もっと個人が課題を強く認識しましょう。
 そうすれば一日で改善する部分が必ず見えてくるはず。一歩づつ着実に進む練習をしていけば、まだまだ見え隠れする「甘さ」が消えていきます。残りあと数日間で、部活として引き締まる時です。新人戦で今までにない、私達に出来なかった演奏をしましょう。もっと変わろう!

 さて。
 合奏を終えると私は結婚式へ。前前任校の卒業生で部長をやっていた子の式だったのですが、行ってみてびっくり。我が家のすぐそばにある大宮離宮という結婚式場だったのですが、とにかく豪華。いや~20年前のバブルの時期を思い出す(ってその頃はテレビで見る位ですが・・・)という位、リッチな結婚式でした。チャペルでは全て生演奏、披露宴では料理長が登場(中扉がバーン!って開いて)して料理の紹介。さらには「オープンキッチン」ということで、料理をしている姿を見ることが出来るスタイルでした。

 お食事も高級食材のオンパレード。
 味はそこそこかな~。
 とにかく全てにおいて高級感を意識した作り。列席した他の卒業生に聞いた費用に卒倒しそうになりました・・・。ああ私の頃とは時代が違うのね。。。でも結婚式にここまでかけるのか~。すごいな~。(○百万だそうで・・・。国産準高級車一台を一日で。)

 ちなみに私は「挨拶をお願いします~」って言われていまして、軽い気持ちで良いよ~なんて返事したら、座席が一番前の主賓。挨拶は新郎側の主賓に続いて2番目。ありゃ~・・・。しかも相手方は警察官ということで、とっても堅いご挨拶をしてくださり原稿は紙6枚ほどびっちり。本当に時間をかけて考えた素晴らしいご挨拶でした。

 もちろん私はそんな重い挨拶とは思っておらず、原稿なし・・・。この次点で申し訳ございません。でも彼女のエピソードもちゃんと言えたし、これからのアドバイスなんかもしちゃったりして、まあ一応失礼にはならなかったかと。いや~久しぶりに冷や汗をかきました。

 とにかく!
 新しい門出を心より祝福いたします!!おめでとう!!末永くお幸せに~~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました