続き。

 私は日々部活の時間が最高に幸せだ。
 様々な音楽と向き合いながら、大勢の生徒達と真剣なまなざしで音を磨く。生徒の皆さんは多分卒業してから気が付くのだろう。なんて純粋で、二度と手にする事の出来ない時間だったのだと。そんな素晴らしい時間を常に共有する事が出来るのだから、幸せ以外の何物でもない。

 今度の定期演奏会は昨年送る事が出来なかった3年生を送りだす、という重要なテーマを実現する機会でもある。2年分の思いを込めて、本当のお別れのときになる。そんな人生の大切な節目を作り、共有する事に大きな喜びを感じる。そしてそれを実現してくれる生徒達、また周りの皆さんに心から感謝。

 必ずセカンドウインドが吹く。
 そして今黙々と積み重ねた濃密な練習が、その時に大きく花開く。今はそれを信じて、楽器との格闘、音楽との真剣勝負に全力で立ち向かおう。そして私たちは確実に進んでいく。

 さあ。
 また音を合わせよう。心を合わせよう。様々な不協和音は美しいハーモニーに姿を変える。課題曲も来た!今年もコンクールの幕開けだ。一晩中かけて聞きながらデモCDを焼いていると、色々と考えた。

 結論は良い練習をして、良い音楽をすること。それだけにフォーカス(集中)しよう。基礎合奏、合奏中に良い音を聞けたらうれしい!わさわさしているロングトーンがすっと落ち着いた時に「お!」という感動。やっと合ったという安心も。明日はもっと早くね、という期待も。でもどれも愛おしい時間に違いない。

 永遠は無いけど、終わって欲しくない時間だ。

 今日も頑張ろう! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました