スポンサーリンク

海の男たちの歌

令和4年7月18日(月)

今回は不動岡高校吹奏楽部D部門で取り上げる自由曲

「海の男たちの歌」 ロバート・ウィリアムズ・スミス 作曲

についての解説です。

これは、D部門に参加する生徒に向けた曲目解説です。

原題は「Songs of Sailor and Sea」ですので、「男たち」は「船乗り」の方が適当ですかね。

もう申し込みには「男たち」にしてしまいましたが・・・。

この作品は 1 Sea Chanty、2 Whale Song、3 Racing the Yankee Clipper の3つの場面で構成されています。

Sea Chanty(海の歌)

これは船乗りの歌う労働歌が元に作曲したそうです。

帆を上げたり、舵を取ったり、全てが人力だった時代です。

ちなみに帆船を動かす船員は、とにかく荒くれ者が多かったです。

それは歴史的な背景があります。

大航海時代

1492年 コロンブスによる新大陸到達が実現しました。

これがいわゆる「コロンブス・ショック」として、ポルトガルに伝わります。

後発のスペインにインド航路開拓で後れを取った!とより積極的なアフリカ周りのインド航路開拓を進めました。

しかしながら、この頃の船旅は非常に危険で命を捨てに行くようなものでした。

1519年に西回りのインド航路開拓の度に旅立ったマゼランは、1522年にスペインに戻りました。

出発した船団は5隻、約250名の陣容でした。

それが、帰国できたのは

18人

でした。

当然、乗組員の確保は困難であり、力自慢の「受刑者」が船乗りの対象として利用されたそうです。

「死刑囚」も、生きて帰れば無罪放免!

ちょっと荒くれ者のレベルが違います。

「海賊」が大活躍する世界のイメージはこのような背景からくるのでしょう。活躍する世界のイメージはこのような背景からくるのでしょう。(ワンピースの海軍とか)

実際、英国ではエリザベス女王がライバルのスペインを攻撃するために、海賊であった「キャプテン・ドレーク」にサーの称号を与えて、スペイン船(新大陸の銀を満載)を襲わせています。

王様の軍隊(正規軍)が元というか現役の海賊だったりしたのです。

ということで、筋骨隆々の荒くれ者が「帆を上げる」様子を想像して演奏してもらいたいです。

Whale Song(くじらの歌)

海を旅すると、様々な生き物を見られます。

私は一度だけ小笠原諸島へ行きましたが、そこでは「ホエールウォッチング」が有名でした。

残念ながら2月(出産)の時期ではなく、私は見る事が出来ませんでした。

またいつか行きたいです。(片道28時間の船旅で、1隻しかないので小笠原諸島へ行くには1週間かかるのです・・・)

さて、このクジラは「ザトウクジラ」だと思われます。(小笠原諸島と同じ)

体長は13メートルにもなりますが、最大級だと18メートルです。

静かな海にクジラ、イルカなどが船の周囲で潮を吹いたり、並走したりする様子でしょう。

イメージは「ラッセン」の夜にジャンプするクジラの絵でしょうか。

Official Online Gallery of Christian Riese Lassen - Lassen Art
Welcome to the world of premier artist, Christian Riese Lassen, known around the globe for his unique ability to embody the brilliant light and shimmering color...

Racing the Yankee Clipper

「ヤンキー」=アメリカの

「クリッパー」=高速帆船の事

ちなみに「クリッパー」は「はさみ」の事ですが、「時間をはさみのように切り取る」という意味から来ているそうです。

さて、「レーシング」とありますが、このアメリカの高速帆船がなぜ競争をするのでしょうか。

時代は19世紀。

産業革命によって蒸気船が登場します。

米国フルトンがハドソン川にクラーモント号を走らせたのが1807年の事。
ちなみに速力は約4ノット(約6km/h)です・・・。

これでも、「時刻表」が登場するという画期的な出来事でした。

しかしこれでは外洋、しかも「時間との勝負」には勝てません。

このスピードでアジアの商品を仕入れていたら、商品はもちろん、船員も耐えられません・・・。

そこで、19世紀は帆船の時代だったのです。

しかも、改良に改良を重ねた高速帆船は何と約14ノット(約26km/h)まで高速化しました。

それまでアジアまで5万6千kmの旅が往復1年を要していたのですが、「競争」が激化してとうとう

往復6か月!

まで短縮するのです。

まさに、この「競争」を示しています。

ちなみに米国の最初の高速帆船は「レインボー号」でした。

何を運んだかというと、北米で生産される「綿花」とアジア(インド・中国)の「お茶」です。

そこで「Tea Clipper」(お茶高速帆船)や「Wool Clipper」(綿花高速帆船)と呼ばれました。

ちなみに、現在でもイギリスに高速帆船が保存されています。

カティサーク号(ティークリッパーと呼ばれていました)

さらに、最後まで商用運転されていた「パミール号」(独)は

1939年

でした。

1939年9月にドイツ軍がポーランド侵攻して第2次世界大戦が勃発しました。

米国海軍軍楽隊

この作品の委嘱先は、アメリカの海軍軍楽隊です。

ちなみに、アメリカの軍楽隊は陸軍、海軍、空軍、そして海兵隊にあります。

スミス氏は「海の歌」と称して、歴史にちなんだ作品を作り上げたのです。

久しぶりに演奏することにしましたが、この作品は「名曲」だなと再認識しました。

マーチングコンテストまで演奏し続けることになりますが、作品の内容まで意識して演奏してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました