前日です。

 長いお付き合いだった久喜総合文化会館ともお別れ。本当にお世話になりました。次にお伺いするのはアンコンのホール練習になります。その時にはまたよろしくお願いいたします。

 さて県大会です。
 今日も最後の最後まで頑張りました。もっともっと磨けますね。それぞれの音がより洗練され、集合体となったときのサウンドは素晴らしいものになります。まだまだ発展途上だと思います。

 ですから。
 何とかしてもう少し時間が欲しい。
 そして今年のコンクールがまだ続いて欲しい、と思ってしまいます。きついけど。でもまだまだやれる!と思えば思うほど、もっと音楽をしたい!となるわけです。

 どこの学校でもそうでしょう。
 この12分間は出演団体全ての学校が大切に磨いてきた音楽です。とても涙なしには語れないことでしょう。その思いの詰まった演奏はやっぱり高校生だからなのでしょうね。

 まだ終わりではありませんね。
 感傷的になってはいけません。
 でも悩みに悩んだマードックの最後は感極まります。今からそれが心配。いかん。いかんぞ~。

 見慣れた風景が過ぎ去る時期。
 大切にしましょう。
 心を込めて演奏しましょう。

 ホールが一体となる演奏を。それが久喜高校の音楽です。
 頑張ろう!!

 泣かないぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました