学校を考える。

教育

午前中は長男の学校見学。
と言っても正式な学校見学会ではないので、施設を外から眺めてきました。

通信制・単位制高校

大宮中央高校

通信制と単位制の併設校
何より自宅から近いので、ここは第一候補かなと思っています。

現状は長男は中学校に行けませんので、普通高校はハードルが高いと思っています。
何と言っても高等学校は欠席数が規定数を上回ると、進級できなくなってしまいます。
ここが、義務教育とは大きく違う所です。

とはいえ、選択肢が多いのは高等学校から。
義務教育は合う合わないは関係なく、とにかく学校に行くしかないのはきついと思います。

長男も中学校が終われば、また新たなステージで自分に合う形で成長していってほしいです。

次は次男です・・・。かれもなかなか苦労しそうです。

大宮光陵高校

野球部が練習試合をしていました。体育館は賑やかに部活をやっている音が聞こえました。

とにかく施設が充実していて、書道科は新たな建物が建っていて大きな書が飾られていました。

私の母校でもあるのですが、吹奏楽部は練習していませんでした・・・。残念。

でも弓道部がなかなかの緊張感で、大量の人が弓道場にひしめき合いながら練習していました。
顧問の先生が熱く、なにやら語っていました。

弓道場の狭い部屋に20名以上がひしめくのは、なかなか壮観ですね~。完全に密でしたが・・・。

大宮南高校

光陵のすぐそばです。
サッカー部が強いようで、この日も数校集まって合同練習試合をしていました。

かなりの人数がいて、学校でも中心的な存在なのだろうなと思われました。

あと、吹奏楽部の練習する音が聞こえました。多分10人はいないかな、というくらいの音でした。
でも一生懸命に「Let’s Swing」を練習していました。新入生歓迎公演の練習でしょうか。

体育館も多くの部活が活動していたようで、今回行った学校の中で一番活気がありました

大宮武蔵野高校

サッカー部が元気にグラウンドを駆け回っていました。
よく見ると稲荷崎高校の宮君みたいな銀髪がいたので、あれは卒業生でしょうね。多分。間違いなく。

あとはバドミントン部が練習を終えて帰るところでした。
びっくりしたのは、学校を出てすぐの道にでっかい看板。
「モンスターハンター発売!」という看板でした。
いや~アピールすごいですね。学校前にゲームの広告とは・・・。


そもそも、学校見学ツアーに出たのは長男に高校進学について具体的に考える、基になる体験をしてもらいたいと思ったからです。

長男は不登校中。
このまま3年生も登校しなければ、高校入学試験はなかなか難しいです。

何と言っても学習点(通知表の点数)がありません。
もちろん不登校について配慮されますが、相当な点数を取らないと難しくなります。

具体的に自分は中学校の後にどのような生活を送るのか、イメージを持ってほしいのです。
「高校に行く」 
「どの高校に行く」 と多くの中学生が悩むことに加えて

どのような形態の「高校」に行くのかも考えて欲しいです。

会話

今回の時間で、いろいろと話し合うことができたことも意義深かったです。

何が中学校に行けない理由か?
それを言えるようになっていました。

理不尽なルールに対して。
先生によって異なる対応。
時間で区切られている。

難しいところです。
社会生活の中でストレスを多く感じているようです。

さあ、これからどのような人生を歩むのか。

見守っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました