武蔵野音楽大学。

 急遽、レイ・クレーマー先生のウィンドアンサンブル合奏を見学させて頂きました。
 ちなみに圏央道を使えば、一時間ほどで着いちゃいました。いや~近いですね。ということで授業終了語にすっ飛んで、午後から見学させて頂きました。本当は羽生にとんぼ返りしてホールリハーサルに行く予定だったのですが、あまりにも素晴らしいリハーサルで途中で抜けることができませんでした。本当に素晴らしい時間でした!

 レイ・クレーマー先生はおおみや市吹の第25回定期演奏会(11月25日)に客演して下さるのですが、私は下振りをしているので先生のレッスンを見て勉強させて頂きました。とにかく先生の情熱がほとばしる3時間でした。一生懸命に身振り手振りで伝えていて、御年78歳のご高齢でも最後まで座ること無くリハーサルをなさっていました。

 ウェストサイドでは先生独自の解釈、味付けがあってとても勉強になりました。
 本当に丁寧に、繰り返し教えて下さいました。私も見習うべき点が山ほどありました。最後に先生の言葉が心に残りました。

 「音楽は口、指(テクニック)ではない。音楽は心です。」

 先生がおおみやに来て下さる日が今から楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました