羽生市吹奏楽フェスティバル

 毎年お世話になっている羽生市吹奏楽フェスティバル。今年は加須からの参加も増えて、全体的に参加団体増加のせいか盛り上がっていた様に感じました。加須、羽生、行田をG地区と呼んでいますが(東部支部を市町村を中心にA~Gの7地区に区分けしています。それぞれに支部役員がいて、学校間の連携を取りやすくしようとするものです)、その責任者として今日の音楽祭は各団体の取り組みを見られる貴重な機会でした。

 羽生第一高校では大ベテランの青柳先生がご指導なさっていました。かつて庄和高校ではクラリネットの講師をお願いしたり、おおみや市民吹奏楽団で指揮をして頂いた事もありました。とても長いおつきあいをさせて頂いておりますが、とても情熱的なご指導で羽生第一高校は更にレベルアップしていました。先生が替わっても情熱のあるご指導を受けられる羽生第一高校の皆さんはとても幸せです。本当に。

 さて、不動岡高校は新体制初ステージということで、とにかく気合いが入っていましたね。多分に入りすぎてしまった面も見受けられました。たぶんそれは私自身にも当てはまることなのでしょう。やっぱり最初は緊張しますね。しかも「ハウルの動く城」は難しい!!でもとっても良い曲なので、これから時間をかけて自分たちのものにしていきましょう。ポップスもまだ演出まで間に合わず、今回は基本ソロが前に出るだけでした。こちらもこれから進化する予定です。そして最後はラブピ。メンバーが替わって、サウンドも随分変わって、MCも入ったり、男子のはじけ具合とか、全てはここが始まりですね。この日を忘れないようにしましょう。

 そして不動岡の後に演奏した花咲徳栄は圧巻。
 やはり全国レベルのバンドとの差は明確にありました。でもそれを知ることが出来たのは大きいです。自己ベストを更新しつつ、トップとの差を前向きに受け止めていきましょう。やるべき事は山積みです。

 最後に合同演奏。
 音楽祭のプレリュードはとっても良い曲でしたが、ちょっと難しかったかな~。でも何とか最後まで演奏出来たので良かった・・・。選曲は難しいな~。反省。でも「恋」は楽しくやれました。やっぱり合同演奏は楽しいですね。次回もぜひ大勢の参加をよろしくお願いします。

 終了するとすぐにおおみや市吹の練習へ。
 最後の練習・・・。色々と改善して何とかなると思うのですが。なかなか本番には魔物がおります。こちらも頑張ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました